オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 横浜流星、杉野遥亮と遊ぶ時は「スーパー銭湯へ行く」

横浜流星、杉野遥亮と遊ぶ時は「スーパー銭湯へ行く」

横浜流星さんが、4日、新宿バルト9で開催された映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』公開記念舞台挨拶に登壇。トーク中に、杉野遥亮さんとのエピソードが飛び出しました。

GReeeeNが脚本を手掛けた本作。彼らの名曲『愛唄』への想いと同じく「人を好きになることを恐れないで」というメッセージが込められた作品です。恋する勇気を持てないまま大人になった野宮透(横浜さん)が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていきます。

横浜さんは、トークショーにて同作のチームで手がけた映画『キセキ ーあの日のソビトー』で共演した杉野さんと仕事でお会いしたことを明かします。

3月に公開される『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の取材中に「話している最中にいきなり“『愛唄』観た” って言い始めて、今(このタイミング)って?」と回顧。「耳を真っ赤にしながら言っていました」と振り返り、会場を笑わせました。

今回の公開記念イベントのメインは、SNSで全国の皆さんから募集した横浜さんへの質問コーナー。横浜さんの大好きなGReeeeNの楽曲で好きな歌や、大切にしたいものなどが語られます。

そんな中、横浜さんは今年挑戦したいこととして「遠出をしたい」とコメント。仕事を終えて家に帰っても仕事モードが抜けきらないため「(気分を変えて)どこかに行きたい」と吐露します。

また、杉野さんと遊ぶ時には「スーパー銭湯に行くので、自然に触れたちゃんとした温泉に行ってリフレッシュしたいです」と願望を述べました。

恋愛相談にも乗る一幕も。好きな人に気持ちが伝えられない女性から「どうすれば、堂々と告白できるか」という問いには「この作品を観てください」とアピール。

続けて「“古い考え”というのは分かっているんですけど」と前置きした上で、女性が強くなっている時代でも「男を男らしくいさせるために、女の子は待っていて良いと思うんですけどね」と言い、男は単純なので、ちょっとしたアピールをすれば、すぐに気づくとアドバイスを送っていました。

映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

浜瀬 将樹
エンタメライター
バイク雑誌編集者を経てフリーに。芸能関係の仕事をしていた経験を生かし、テレビや映画の取材・インタビューを担当する。得意ジャンルはお笑い。劇場にも足を運び、情報収集を欠かさず行っている。
Recommend
検索窓を閉じる