オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > キスマイ北山宏光、多部未華子の母親が大ファンで「いいことじゃないか」

キスマイ北山宏光、多部未華子の母親が大ファンで「いいことじゃないか」

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが、7日、招き猫で有名な今戸神社にて、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』大ヒット祈願イベントに出席。多部未華子さんの母親がファンであると知り、喜んでいました。

板羽皆さんの漫画『トラさん』(集英社マーガレットコミックス刊)を実写化した本作。イベントには、いい加減で能天気な売れないマンガ家・高畑寿々男とトラ猫のトラさんの一人二役を演じる北山さんと、妻の奈津子を演じる多部さんが登場しました。

ファンの大歓声に迎えられた和装姿の北山さん。「神聖な場所でヒット祈願できて良かったです」と挨拶します。

お互いの印象について聞かれた多部さんは、北山さんについて「あんまり立ち位置が分かっていなくて」とコメント。多部さん直々に「グループの中でどういう立ち位置なんですか?」と質問を投げかけます。「たまにイジられ、たまにイジりみたいな」と表現したのですが「現場でいじられまくっていたんですよ」と暴露されてしまいます。

北山さんは、すかさず「あなたにね!」と撮影中で生み出されたという“いじられキャラ”は、多部さんが原因だと返していました。

出典: NOSH(ナッシュ)

北山さんは、撮影当時を振り返り「徐々にみんなにイジられだして、それを僕は“多部化”と呼んでいた」と回顧。多部さんのマネをして、キャストが北山さんをイジる構図になっていたため「僕はフランクに接していたつもりだったんですけど、イジりだったんですね」と苦笑いを浮かべました。

そんな多部さんの印象について北山さんは、当初“人見知り”と感じていたようなのですが「サバサバしているのが気持ち良い」と思いだし、撮影が進むにつれて「面白い」と感じるようになったとのこと。

また、多部さんの口から「母親が、(北山さんのことを)一番好きなアイドルなんですよ」と告白する一幕も。先日会った時も「やっぱりカッコいいわ~」と言っていたそうで、お母さんはデビュー当時からブレることなく“北山推し”であるのだとか。北山さんは「いいことじゃないか」と喜んでいました。

ちなみに、今回、映画公開を記念して製作され、北山さんも写真撮影時に抱いた「トラさん招き猫」は、同神社の社務所に飾られる予定です。直接見ることもできます!

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2月15日(金)より全国ロードショーされます。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる