オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > まさかの妻子持ち…上司との「ワンナイトラブ」エピソード

まさかの妻子持ち…上司との「ワンナイトラブ」エピソード

いつも優しくて頼りがいのある男性上司。こんな人とお付き合い出来たら幸せかも……なんて妄想をしたことのある女性は少なくないのでは?

でも、実際には男女の関係になっても、ワンナイトラブで終わってしまうケースが多いといいます。

そこで今回は、20~30代独身女性を対象に“ワンナイトラブ”に関するアンケートを実施! 上司とヤッっちゃった気まずい体験を大暴露してもらいました。

 

■偶然映画館で隣の席になって…

「月に1度のひとり映画の日。いつも通り好きな映画を観に行ったら、たまたま隣の席にちょっと気になっていた上司が座っていてビックリ!軽く挨拶だけ交わして終わりにしようと思ったら、終盤に差し掛かったときにギュッと手を握ってきて……。そんなつもりはまったくなかったけど、恋愛映画を観て気持ちが盛り上がっていたせいか、そのままホテルへ。あまりにもロマンチックな展開に恋を期待していたのに、まさかの妻子持ちであることが判明!もう二度と交わることはなかった。」(30歳/広告)

気になっていた上司と映画館で偶然隣の席になるなんて、ロマンチックすぎる! しかも、映画に夢中になっている間にさっと手を繋いでくるなんて……。これはもう、気絶しそうなくらい胸キュンして恋に落ちるしかありませんよね。

でも、順調に交際がスタートして恋仲になると思ったら、まさかの既婚者であることが判明。この女性は「せっかく同じ趣味を持った男性と出会えたと思ったのに……」と嘆き悲しんでいました。

 

■仕事でミスして落ち込んでいたら…

「大きなプロジェクトを任されて切磋琢磨していたとき、私がミスして落ち込んでいたら5つ年上の上司が“そんなときは飲みに行くのが1番”だと言って連れ出してくれた。親身になって悩みを聞いてくれて、適切なアドバイスもくれて、“こんな人が彼氏だったらな”と思ったら心のブレーキが利かなくなっちゃって……。お酒の勢いを借りて自分から猛アプローチしてしまった。そのまま交際に発展することを期待していたんだけど、特別な関係になったのはこのときだけ。何事もなかったかのように振る舞われて悲しかった。」(28歳/メーカー)

ワンナイトラブにありがちなのが、上司に仕事の相談をしていたらその流れでベッドインしてしまったケース。この女性も「いいな」と憧れていた上司に声をかけられて、思わず二つ返事でオッケーを出してしまったといいます。

でも、酔った勢いで結ばれた恋は短命で終わってしまう傾向が……。この男性もベッドの上で盛り上がった記憶をキレイさっぱり忘れているように“あっさり”冷淡な態度だったそうですよ。

 

■名指しで上司に呼び出されたから…

「新年度を迎える直前に上司から呼び出されたから、“もしかして転勤かも?”と恐れていたら、なんと夜のお誘いでゲンナリ。“まだ仕事を続けたいんでしょ?”“どこか他のところに飛ばしてもいいんだよ?”と言い寄ってきて断ることもできず、渋々誘いに応じてしまった。でも、他の女性にも同じような手口で体の関係を求めているのを知って怒りがこみ上げてきて……。もっと上の上司に相談して、懲らしめてもらった。」(28歳/IT)

いつもお世話になっている上司から「今日飲みに行くか!」と誘われたら断る訳にはいきませんよね。特に「ちょっと話があるから……」なんて言われたら、気になって1分でも早く話を聞きたくなってしまうものです。

でも、そこには大きな落とし穴があることも……。この女性のように弱みを握られて「転勤したくなかったら」「他の部署に飛ばされたくなかったら」なんてカラダの関係を迫られるケースがあるのでご注意を!

 

決して他人事ではない職場でのワンナイトラブ。あなたも軽い気持ちでベッドインすると、あとで後悔する羽目になるかもしれません。「やめておけばよかった」と涙することのなよう気をつけましょう。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※  Nomad_Soul/shutterstock

【関連記事】

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる