オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > めんどくさいなー!男が幻滅する「マウンティング女子」の特徴

めんどくさいなー!男が幻滅する「マウンティング女子」の特徴

“マウンティング女子”は、どうしても煙たがられてしまうことが多く、男性ウケもあまりよくありません。

特に、「関わったら面倒なことになりそう」だと感じるような行動を取る女性には、あまり近づこうとさえしなくなるかも。

そこで今回は、男が幻滅する“マウンティング女子”の特徴を紹介します。

 

■誰にでも「アドバイス」をしたがる

良かれと思って行っているアドバイスでも、やり方次第では不快感を与えてしまうこともあります。特に、男性はプライドが高いので、女性から上から目線でまるで批判やダメ出しのような言い方をされると、かなりイラッとするはず。

「そうじゃなくてこうしなよ」とか「そのやり方じゃダメだよ」なんて言われたら、いくらアドバイスであったとしても、男性は素直に聞き入れられないでしょう。自分の考え方や価値観を押しつけるのは、相手には「いい迷惑だ」と思われやすいので、感謝されるどころか鬱陶しく感じられることになるだけですよ。

 

■いつも話を「奪い取る」

例えば、「最近、○○にハマっててさー」なんて誰かが話し始めた際に、「私もハマってるの!この前ちょうど見に行ってさ……」といった感じに話を奪い取っていくことが多い。そういった女性は、常に自分が話題の中心になっていないと気が済まないタイプのマウンティング女子だと言えるかも。

誰だって「自分に注目してほしい」という思いは持っているでしょうが、それをあからさまに前面に出しすぎると、かまってちゃんな印象も与えてしまうはずです。それは男性が最も面倒に感じる女性でもあるので、自分のことばかりではなく、相手にもちゃんと興味を示したり、話を最後まで聞く姿勢を持つことが大事ですよ。

 

■何でも「勝ち負け」で考える

マウンティングをしたがる女性は、何事も勝ち負けで考えて、常に白黒をつけたがる傾向にもあります。とにかく誰にでもライバル心を燃やし、他人と比較して格付けをして、自分の方が上であることを証明したいのでしょう。

でも、たとえそういった争いに勝ったところで、魅力が増すわけではないですし、周囲からの評価が上がるわけでもないもの。むしろ「自分が勝った」と誇示するような女性には、性格の悪さや扱いにくさを感じるでしょうから、男性も深く関わろうとはしないはずですよ。

 

■さりげなく「自慢」を差し込む

マウンティング女子の最もわかりやすい特徴とも言えるのが、いつもさりげなく“自慢”を差し込んでくること。自慢をして自分を大きく見せることで、少しでも優位に立とうという思いが、心のどこかで働いているのでしょう。

特に、「よくナンパされるんだけど、軽く見えるのかな」とか「私にモデルなんかできるわけないのに、誘われて困ってるの」といったように、謙遜や自虐に見せながら自慢をするのは本当にイメージが悪くなります。男性にもイラッとされたり、「腹黒い子だな」と思われてしまうはずなので、絶対にやってはいけませんよ。

 

常に上から目線でマウンティングを取ろうとしてくる女性は、男性が最も苦手に感じるタイプの女性でもあります。上に立ったからといって魅力的に見えるわけではないので、まずはそれを理解することが大切ですよ。

【画像】

※  Roman Samborskyi/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる