オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 異動してきた彼と…同僚との「ワンナイトラブ」エピソード

異動してきた彼と…同僚との「ワンナイトラブ」エピソード

会社の同僚と一線を越えたことはありますか。同僚とワンナイトラブの仲になってしまうと、気まずいだけでなく、仕事に支障をきたしてしまいかねません。

でも、どうしても気になる同僚がいる場合、気持ちが抑えられず、肉体関係が先になってしまうことも……? 今回は、してしまうとちょっと気まずい、会社の同僚とのワンナイトラブ体験談を集めてみました。

 

■異動してきた彼と…

「別の部署から異動してきた彼と、両想いっていうのは感じてました。あるとき誘われて飲んだら、彼が“明日、○○さん休みですよね?”って。付き合う同意もなく、そういうことをするのはよくないと思ったんですが、雰囲気に飲まれて。私は付き合いたかったけど、彼には付き合っている人がいるとわかって。結局、私から異動を希望してそれっきりです。」(28歳/女性/サービス)

ワンナイトラブするのは、あなたの自由です。でも、相手が会社の人間となると、その後も顔を合わせなければいけません。せっかくの楽しい仕事も、一度きりの相手との関係で辞めなければいけなくなる恐れも。

相手がまだ誠実な人で、同じ職場でも付き合うつもりがあるなら……。お互いにフェアな、責任を持った付き合いができるかもしれませんが。いずれにせよ、ワンナイトラブはリスクが大きいので、避けたほうが賢明です。

 

■仕事がツラくて…

「仕事の失敗で荒れていたとき、同僚が慰めるように飲みに誘ってくれたんです。彼氏がいない時期だったし、肉体関係で寂しさやつらさを、彼で埋めちゃったんですよね。でも私は付き合うつもりはないし、彼は好きの状態で。部署が違ったのでまだよかったですが、それでも会社で顔を合わせるときは、気まずかったです。」(27歳/女性/IT)

寂しさや辛さを、好意の持ってくれている相手に甘えるのは、ズルい方法ですよね。自分のなかの寂しさや辛さは、自分ひとりで乗り越えてこそ、大人というのも。

関係になった相手が同僚となれば、相手はあなた以上に辛いのではないでしょうか。一時の気の迷いで、男性に寄り掛かるのは相手が同僚ではなくても、後悔は大きいでしょう。ぜひ相手のことも考えられる、余裕ある大人になりたいものです。

 

■ノリとお酒に飲まれて…

「“独身同士寂しく飲むか”って話になって、一線を超えちゃったことが。相手もノリがよくて、話も合うので、半分勢いとお酒に飲まれてって感じです。酔いが覚めたときは、会社ですごく気まずかったですけど。」(28歳/女性/アパレル)

お互いに同じ気持ちだったので、まだよかったのかもしれません。これでどちらかに恋愛感情が芽生えたりしてしまうと、なかなか大変です。

元々の関係が友達以上、恋人未満だからこそ、仕事とプライベートもうまくいくのでは? 「あれはお互いに事故だった」と話し合って、水に流してしまったほうが、気まずさは軽減しそうです。

 

いろんなエピソードが集まりましたが、職場の人間とのワンナイトラブは、リスクが大きいです。後々後悔しないためにも、気持ちを冷静に保ちたいですね。

【画像】

※  gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる