オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「何事も経験…」男の本気心を踏みにじるダメ女子のセリフ

「何事も経験…」男の本気心を踏みにじるダメ女子のセリフ

好きな気持ちがぐちゃぐちゃに絡まって思ってもいないことを言ったり、気持ちを素直に受け止められないことありますよね。

嫌われないためや彼を思っての発言でも、彼の気持ちを踏みにじっているとしたら……どうしますか?

そこで今回は、男性の本気心を踏みにじるダメセリフから、本気の彼女に対して男性はどう思っているのか、男心を探ってみました。

 

■重荷にならないよう軽い付き合いを打診

「重い女性は嫌われる」とよく言われますが、だからといって“軽い付き合いを打診”するのはNGです。

本心は「重荷に思わないで欲しい」という気持ちだとしても、「軽い」というワードを使うと心象がかなり悪いので、彼の本気の気持ちを踏みにじってしまいます。

勘違いしている女性は多いですが、「重い女性の方が真剣に付き合える」などの理由から、軽い女性よりも重い女性の方が好む男性は多いです。

彼を思っての発言でも、彼があなたを本気で好きなら破局ものの問題発言になってしまいますよ。

 

■優しさが逆効果!「一生懸命にならなくてもいい」

彼の“一生懸命さ”に悪い気持ちになる優しい女性、その優しさはステキですが、一生懸命な彼に対し「一生懸命にならなくてもいいよ」と言うのは、彼の気持ちを踏みにじるNGなセリフです。

遠慮や気を遣われるより、素直に受け止めてくれた方が何かをする側としては嬉しいですよね。

それと同じで、一生懸命な気持ちに水を差さすと相手は無下にされているように感じてしまうので、彼の一生懸命で献身的な愛情は、“素直”に受け止めてあげましょう。

 

■「練習」「何事も経験」はNG

「練習」や「何事も経験」というセリフ、一見するとポジティブなセリフですが、“使いどころ”を間違えてしまうと、NGなセリフになってしまいます。

例えば、彼の提案や要求に対し、「何事も経験だよね」「今後のためにやってみようかな」と発言すると、本番が他にあるかのように伝わってしまいますよね。

彼の要求に応える場合は、「〇〇君だからいいよ」「大好きだからいいよ」だけでOKです。

むしろ、こちらの方が彼への気持ちも伝わるので、こちらの方がベストだと思います。

変に前向きな理由をこじつけると、気持ちが希薄な心象を受けてしまうので、彼の本気心を踏みにじることになるかもしれませんよ。

 

些細なことかもしれませんが、一度出てしまった言葉は取り返しがつきません。

言葉の“チョイス”や“使うどころ”を間違えてしまうと相手の不信を招くことになるので、言葉足らずな女性や気持ちが空回りして変な発言をしてしまう女性は、気を付けて下さいね。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる