オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > お酒はほどほどに…「ワンナイトラブ」を繰り返さないためにすべきこと

お酒はほどほどに…「ワンナイトラブ」を繰り返さないためにすべきこと

心温まる幸せを手に入れたと思っていたら、それは一夜限りの出来事だった。

そのようなワンナイトラブが繰り返されてしまったら、本当に悲しくなるだけ。

そこで今回は、ワンナイトラブを繰り返さないためにすべきことについて、ご紹介しましょう。

 

■露出の多いファッションは避ける

オトコの性的欲情を掻き立てるようなファッションは、できるだけ慎みましょう。

ミニスカートに肩だしトップス。たとえ、男性からの食いつきは良くても、ワンナイトラブを繰り返してしまうきっかけとなるはず。

もしも、自覚があるのなら、あえて、清楚系のファッションを目指してみては。

 

■お酒は節度に

お酒というものは、何かと人をエッチな気分にさせてしまうようです。

オトコもそれをわかってか、必要以上に、ぐいぐい勧めてくる人も多いはず。

ワンナイトラブとアルコールは相性抜群、お酒は嗜む程度に。たとえ、お酒を勧められたとしても、断る勇気を持つことが大切だといえるでしょう。

 

■終電前にはバイバイする

終電を逃す女性の姿は、ワンナイトラブOKという意思表示として伝わってしまう可能性が。

なので、たとえ、男性から「もう少し大丈夫でしょ?」と迫られたとしても、断固、終電前には、バイバイするように心がけましょう。

それに、あなたが本命なのであれば、男性の方から、帰宅するよう提案してくれるはず。

終電ギリギリまで引っ張ろうとする男には、特に注意が必要かも。

 

■急な誘いには乗らない

ワンナイトラブを求める男性の多くは、急な誘い方をしてきます。

夕方あたりに、突然の連絡。「今日何しているの?飲みに行かない?」そのような誘いには要注意でしょう。あなたもワンナイトラブの標的にされているのかもしれませんよ。

急な誘いには乗らないこと。きちんと断る勇気を持ちましょうね。

 

割り切った気持ちで、ワンナイトラブを楽しむのではあれば、問題ないと思います。

しかし、そうでないのに繰り返してしまう方は、自分の行動パターンを見直してみましょう。

結局傷つくのは自分です。自分を守るためにも、考え直してくださいね。(占い師・そら)

【画像】

※  VGstockstudio/shutterstock

【関連記事】

占い師そら
恋愛専門占い師
20代、寺院で仏教を学ぶ。新宿歌舞伎、某有名ホストクラブで、売れっ子ホストとなる。持って生まれた天性を働かせ、悩める女性たちの恋、結婚、複雑な愛の相談から成就へと導く。スピリチャル的感性とリアルな体験を組み合わせた、占い師として活躍中。
Recommend
検索窓を閉じる