オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 30歳を迎える岩田剛典、今の心境は?「自然体な自分のままでいけたら」…

30歳を迎える岩田剛典、今の心境は?「自然体な自分のままでいけたら」「人生の趣味を見つけたい!」

2月22日(金)、新しい『本麒麟』完成披露会が都内にて行われ、スペシャルゲストの岩田剛典さんが試飲終了後、囲み取材に応じました。

試飲の感想を尋ねられた岩田さんは、「本当に率直にうまいなって。飲んだ後のすっきり感もありつつ、コクもあって!」と興奮。

そして、最近家で飲むことが多いという岩田さんに酒量のほどを聞けば、「日によりますけど、みんな忙しいので、積もる話ができたら帰るっていう感じです。そんな朝までいくことは減ったので、そんな深くまで飲むことはなくなりました」と、健やかな表情。

来月3月6日に、記念すべき30歳の誕生日を迎える岩田さん、心境はと問えば、「いよいよ。節目っちゃ節目な気もしますけど、意外とあまり構えず、いつも通りかな。誕生日がきて以降も、きっと変わらない自分がいるんだろうなって」とマイペースに答えます。

「30代に入るから気合いを入れなきゃ、という気負いよりは、自然体な自分のままでいけたら、きっと充実した30代になる気がします」と抱負に変えていました。

しかし、30代になったら「元々趣味がダンスだったので、いま趣味といえる趣味があまりない。30代こそは、人生の趣味を見つけたいな」と密かな願望を告げる岩田さん。

「そうだな…映画が大好きなので、映画鑑賞も趣味と言えるレベルまで……、年間で100本以上目指して観るとかでもいいかな、と!」と言いつつ、映画解説の仕事がきたらどうするかと聞かれると「恐れ多くて、その仕事は受けないと思います(笑)」と及び腰でした。

リニューアルされた本麒麟は、味わいの設計はそのままに、力強いうまさとコクをさらに生み出しました。

アルコール度数は少し高めの6%としながらも、飲みごたえのある満足度はそのままに実現していることが特徴になっています。

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる