オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 小関裕太、平成最後にイノシシに会いたい

小関裕太、平成最後にイノシシに会いたい

イケメン俳優の小関裕太さんが、平成最後にイノシシに会いたいそうです!

それは23日に都内で行われた映画『サムライマラソン』の公開記念舞台挨拶でのこと。佐藤健さん、小松菜奈さん、森山未來さん、染谷将太さん、青木崇高さん、竹中直人さん、バーナード・ローズ監督が参加しました。

「平成最後にしたいこと」を聞かれた小関さんは「僕は今山奥で撮影をしているのですが、そこの冊子に“夜は街灯もないのでイノシシの出没にも注意”と書いてあったので、イノシシに会いたい。今年はイノシシ年だし、僕もイノシシ年生まれなので」と返答。それに青木さんから「冊子に書かれているくらい危険なんだよ!?」と驚かれると、急に大爆笑。もし遭遇したら「焼く」と食べる気マンマンでした。

今作で役を演じるにあたり「裏設定」を作ったという小関さんですが「恥ずかしくてイヤだな」と照れつつ「監督たちと役柄について話し合う中で、自分の中で“失恋した”という答えに行きついた」と発表。

マラソンと戦をテーマにした作品だけに失笑が漏れると、小関さんは「周りから見たら大したことのない失恋なのかもしれないけれど、自分にとっては重いものだったはず。いままで過ごしてきた自分を壊したい、命を投げうってでも戦いに参加したいと。それが僕のたどり着いた答えです」と至って真剣でした。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる