オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 高橋一生&川口春奈、まっすぐな恋愛観を披露

高橋一生&川口春奈、まっすぐな恋愛観を披露

2月26日、映画『九月の恋と出会うまで』公開直前!号泣試写イベントが行われ、高橋一生さん、川口春奈さんが登壇しました。

本作は、“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に輝いた松尾由美さんによる同名小説の映画化。高橋さんと川口さんのW主演で贈る、時を超えて想いあう大人のラブストーリーです。

イベントでは、ここが切ないというシーンについて触れると、まさかの同じシーンを選ぶというシンクロ具合。ネタバレになるからと詳細は語らなかったものの、初めて台本でそのシーンを読んだときは「ちょっと(心が)ぎゅっとしました」と高橋さん、さらに川口さんも「ぎゅっとしました」と被せ、仲の良さを窺わせました。

さらに一般から募集した切ないウソのエピソードが披露されます。「バレンタインに彼女からもらったハート形のチョコが、電車のラッシュで押しつぶされて割れてしまいましたが、そのことを彼女に打ち明けられなかった」というエピソードについて、「ウソはいやだ、割れちゃったらごめんねと言ってほしい」と川口さん。高橋さんも「これは正直に割れちゃったという。割れちゃったのか、割っていたのか……割って送ってきているかもしれないですよね。その可能性があったら大失恋」と推察しつつストレートな恋愛観を明かし、場を盛り上げます。

そして公式SNSで募集した「#未来からの声 投稿キャンペーン」を踏まえて、未来の自分からのメッセージをおふたりも発表する一幕も。

高橋さんは、14歳の自分に「まだ自転車乗っている」とのこと。詳細を尋ねられると「14歳のときに乗っていたのと全く同じロードバイクを買って乗っている。大人になったら車とかに乗るのかなと思っていたけど、これで(14歳の自分は)幻滅すると思う」と語ります。

また、川口さんは10年前の自分へ「もっと勉強しろ!」と喝。「勉強している時期にもっと勉強していたらよかったなと思う」と語る川口さんに、高橋さんは「現場でもいろんなことを吸収されている姿を見ているので、10年前に戻って反省しなくてもいいんじゃないのかな」と優しくフォローしていました。

最後に映画の見どころについて川口さんは「人が人を思う気持ち、まっすぐな思いがすごく素敵でほっこりするので、少しでも皆様に届いてくれたらうれしい」、高橋さんは「人が人を思う気持ちという普遍的な思いを見ていただいて、感じてもって帰ってもらったら。難しい理論がでてくるかもしれないですが、それ抜きでも話がわかってもらえるのかなと思う」と本作の魅力についてアピールしました。

映画『九月の恋と出会うまで』は3月1日全国ロードショーです。NOSHでは高橋さん、川口さんのインタビュー記事も掲載予定なので、お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる