オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 映画『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈にインタビュー!「ラブ…

映画『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈にインタビュー!「ラブストーリーにワクワクした」

タイムリープ+ラブストーリーの切なさに溢れたロングセラー小説「九月の恋と出会うまで」が、高橋一生さん×川口春奈さんのW主演で実写映画化。

不思議なマンションに引っ越してきた川口さん演じる志織と、高橋さん演じる小説家を志す隣人の平野。ある日、志織の部屋から聞こえてきた“未来からの誰かの声”によって、志織は命を救われるも平野の指摘によりタイムパラドックスが生じていることに気づいて……。

登場人物の心の機微を捉え、原作の世界観を壊すことなく傑作へと昇華させてくれた高橋さんと川口さん。今回行ったNOSHの直撃インタビューでは、撮影中の裏話をポロリ。息の合ったクロストークをお届けます!

Q:本作の出演が決まったときの感想をお聞かせください。

高橋一生(以下、高橋):僕は恋愛映画で主演をやらせていただくのは初めてだったので、「ラブストーリーだ」とワクワクしました。

川口春奈(以下、川口):高橋さんとお芝居するのは初めてだったので、楽しみにしていました。

高橋:ありがとうございます(笑)。本作はタイムリープの要素も絡んでいますが、軸は王道なラブストーリー。俳優の場合、一定の年齢を超えると出られる作品もある程度限られてくるので、まさか30代後半になってこんな素敵な恋愛ものに呼んでいただけるなんて思ってもいませんでした。

Q:本作が初共演ですが、お互いの第一印象はいかがでしたか?

高橋:お会いする前は静かな方なのかなと思っていましたが、実際はとても明るい方で、現場では積極的に話しかけてくださったので助かりました。川口さんのおかげで現場の士気も高まりましたし、その存在に救われたスタッフの方々も多かったと思います。

川口:優しいし、気を遣ってくださるし、共演者やスタッフさんに好かれるのがわかります。現場では“みんなの高橋さん”って感じでした(笑)。

Q:撮影現場で印象に残っているエピソードは?

川口:高橋さんがすごく深い話をしてくれたことがあって、その話を聞いていたら今の自分の悩みがすごくちっぽけに思えて。だから、その出来事は自分のなかで大きかったです。そういう深い話をしてくれる方ってあまりいないので。

高橋:さっきも話したように、川口さんが気さくに話しかけてくださったので、恋愛ものだけれど照れくさくなく役に入れたのが印象的でした。ラブストーリーどうしてもお互いのある種の気恥ずかしさが見えてくるものなんですが、そういうこともなく現場を過ごせたのが良かったと思います。

Q:恋愛ものに出演される際に気をつけていることはありますか?

高橋:あまりないかもしれません。恋愛ものだからといって、共演者との距離感を特別意識することもないですし。

川口:私もとくに気をつけていることはないですね。でも……かわいくは思われたいです(笑)。ジムに通い始めたりとか(笑)。

Q:(笑)。恋愛映画では美意識が上がると。

川口:上がると思います。

高橋:川口さん、本作でも素敵に映っているので大丈夫ですよ。劇中では川口さんのかわいさがフルパワーで観られますので、NOSH読者の皆さんも楽しみにしてください。

後編のインタビューでは、NOSHだけに映画の見どころを語ってもらっています! 高橋さんと川口さんが口をそろえて「“今”が大事」と語るその理由とは……?(取材、文:近藤加奈子、写真:映美、ヘアメイク(高橋さん):田中真維 (MARVEE)、ヘアメイク(川口さん):笹本恭平)

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる