オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 甲斐翔真が衝撃発言「今、恋愛は二の次」!? 小関裕太との共演事情も振…

甲斐翔真が衝撃発言「今、恋愛は二の次」!? 小関裕太との共演事情も振り返る

『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督の最新作『君は月夜に光り輝く』(3月15日公開)にて発光病を患った渡良瀬まみず(永野芽郁さん)と、彼女に想いを寄せる岡田卓也(北村匠海さん)の同級生・香山彰を繊細に演じた甲斐翔真さんへの単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、『君月』での貴重な経験について、共演した永野さん&北村さんとのエピソードも交えて教えていただきました。

引き続き、後編では、甲斐さんの衝撃的な恋愛観に迫ったほか、最近のプライベート事情についてもお話いただきました!

Q:『君月』にて、北村さん演じる岡田卓也は「つらくたって、しんどくたっていい」と恋について言及します。甲斐さんが思う「理想の恋」や「いい恋」とは、どういうものになりますか?

甲斐翔真(以下、甲斐):ええ……!それこそ『ロミオ&ジュリエット』みたいなことまでは、ないかなあ!あくまでも今の僕の本音ですけど……、恋愛って二の次だと思っていて。恋愛を軸にしたくないかなって。

Q:恋愛一本槍のタイプになりたくない、という感じですか。

甲斐:そうなると、この世界に人が1:1しかいなくなるんじゃないかな、と思っちゃうんです。例えば、仮に今、僕がそうなったら、仕事も手につかなくなっちゃうということですよね。恋愛が真ん中にあると、喧嘩をすると仕事が手につかない、となったら、完全に終わっちゃいますよね!?だから、仕事や、自分の中で軸になることがちゃんとあってからの恋愛のほうがいいと思うんです。仕事が真ん中にあって、延長線上に恋愛があるのが一番の理想ですよ!!

Q:まとめると、甲斐さんにとって「いい恋」というのは……?

甲斐:二の次……は、誤解を生みますよね(笑)!「ほどよい距離感の恋」、お互いを尊敬できる恋……がいいかな!

Q:例えば、そういった盲目の恋をする役がきたらどうしますか?気持ちがわからないですよね?

甲斐:……気持ちはわからないですけど……、うーん(悩)。周りを気にしなくすれば、できる気がします。自分のことだけを考えれば、きっと恋愛が真ん中になるのかな。

Q:なるほど。ここからは最近の甲斐さん事情を少しお聞きしたく、前回『もぐもぐ男子』にて1年中クリスマスの待ち受けだったと伺いました。(https://nosh.media/archives/2854028)年が明けたので、変えましたか?

甲斐:変えました!!(スマホを取り出す)

Q:「亥」の大きな一文字ですね!

甲斐:筆ペンで書いたんです。元々、インスタに載せようと思って書いて撮ったんですけど、(※1月2日投稿の甲斐さんのInstagramを参照)、待ち受けにしたらめっちゃいいじゃん!と思って。今後は、その年の干支を書いていこうかなって。クリスマスほど違和感はないです(笑)。

Q:ごはん事情については、最近も新大久保に行っていますか?

甲斐:行っていま……ああ、でも最近ダイエットを始めたんです。カメラに映るときによくしたいなと思ったので、役でというよりも、個人的に始めました。結構変わるんですよ!だから、お酒も控えています。今、『いつか、眠りにつく日』の撮影をしているので、撮影がないときはジムにも行って、走って、夜は炭水化物を抜く生活をしています。

Q:ストイックですね。『いつか~』は、小関裕太さんとご一緒の作品ですか?

甲斐:そうです!裕太くん、昨日も会っていました(笑)。最近、毎日カラオケに行っているみたいで、静岡のロケがあったんですけど、「裕太くん、いないんですか?」とスタッフさんに聞いたら、「今カラオケに行っているよ!」って(笑)。そんなこと、あります!?歌う順番のメニューまであるって言っていましたよ!

Q:一緒に歌いたいとか、邪魔できないですね。

甲斐:邪魔できないですよ!本当に、努力家なんだと思います。

Q:いろいろとお話いただきありがとうございました。最後に、NOSH読者にメッセージをお願いします。

甲斐:はい!映画『月夜に光り輝く』は本当に素敵なストーリーなので、心が洗われるような気持ちになると思います。大スクリーンで映像美を観ていただきたいですし、泣いてもらって日頃のストレスも発散してください。(取材、文:赤山恭子、写真:岩間辰徳)

【関連記事】

■甲斐翔真さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは甲斐翔真さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2019年3月15日~2019年3月21日

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる