オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > それじゃ無理!元カレと「復縁したいとき」にやってはいけないこと

それじゃ無理!元カレと「復縁したいとき」にやってはいけないこと

別れた元カレのことがどうしても忘れられないときは、「復縁したい」という気持ちも芽生えてくるでしょう。

ただ、誤った復縁アプローチをしてしまうと、もう修復不可能な状態になってしまうことだって大いにあり得ます。

そこで今回は、元カレと「復縁したいとき」にやってはいけないことを紹介します。

 

■「別れた直後」からアプローチする

男性にフラれて別れてしまった場合は、まだ未練が残っていたりもするでしょうから、すぐに復縁を迫ったりもしがち。

でも、逆に男性側からすると、色々と考えたうえで別れの決断をしたのに、別れた直後から「やり直したい」と言われても受け入れられるはずがありません。

また、別れを考える原因になった部分の改善だってされていないままでは、復縁をしようなんて気持ちには全くならないでしょう。

別れたあとは一旦ちゃんと冷却期間を置くことが大事ですし、サッと身を引かれた方が、男性もちょっと気になり出したりするものですよ。

 

■「自分の思い」ばかりをぶつける

「もう一度やり直してほしい」「私はちゃんと変わったから」「やっぱりあなたしかいないの」。

こんな風に一方的に自分の思いばかりをぶつけられたりしたら、さらに男性の気持ちは冷めていってしまうもの。

「復縁したい」という気持ちだけがどんどん先行して、焦って自分の感情や思いを押しつけるのは、相手のことを全く考えていない行動の典型でもあります。

そういったところに男性は嫌気がさした可能性だってあるので、復縁を本気で願うのであれば、まずは男性がどう感じるのかを考えて行動をすることが大切ですよ。

 

■まだ「彼女ヅラ」をする

もう別れているのに、当たり前のように「彼女ヅラ」をされると、男性はかなりイラッとするはず。

頻繁に連絡をしてきたり、プライベートに口出しをしてきたり、他の女性と仲良くしていることに嫉妬をしてきたり…。

いつまでもそんな彼女気取りな行動を取られたら、「いい加減にしてくれよ」とあなたへの怒りが湧き起こることにもなるでしょう。

別れたのであれば、一度きちんと気持ちも切り替えないと重荷になるだけなので、信頼できる友人といった立場から徐々にまた距離感を縮めていくのがベストですよ。

 

■「悲劇のヒロイン感」を出す

「全て私が悪かったから」とか「心から反省するから」なんて涙ながらに言われたりするのは、男性からすると相当重いです。

「私はかわいそうな女」という悲劇のヒロイン感がちょっと出ているようにも見えてしまうので、ゲンナリ度も大きいでしょう。

同情を買おうとしたところで愛情が戻るものではないですし、根本的な部分は何も解決していないはず。

ただ口先だけで謝るのではなく、ちゃんと何が良くなかったのかをお互いに理解し合えるようになってからじゃないと、男性もとてもじゃないですが復縁しようという思いにはならないですよ。

 

“復縁”を成就させるためには、何よりも焦りが禁物。焦って気持ちばかりが先走ってしまうと、男性には「鬱陶しいな」としか思われなくなるので、一旦冷静になることが大切ですよ。

【画像】

※  Malysheva Liudmyla/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる