オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 北村匠海が愛の告白「頑張っている君が好きだよ」にファン悲鳴

北村匠海が愛の告白「頑張っている君が好きだよ」にファン悲鳴

北村匠海さんが、5日、スペースFS汐留にて開催された映画『君は月夜に光り輝く』公開直前イベントに登壇。愛の告白を披露して会場を盛り上げる一幕がありました。

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、応募数4,878作品の中で大賞を受賞した佐野徹夜さんの同名作品を実写化。

死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない余命ゼロの少女・渡良瀬まみずに永野芽郁さん、彼女が叶えられない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年・岡田卓也を北村さんが演じます。イベントには2人のほか、斉藤慎二(ジャングルポケット)さんもサプライズ登壇しました。

北村さんは、特に思い出に残っている代行を尋ねられると「お芝居とはいえ恥ずかしかったのは一人で遊園地に行くこと」と告白。頼まれたとはいえ、一人で行くのは「キツかった」と振り返りました。

すると、永野さんから「取材でおっしゃっていたけど、どこか行きましたよね?」との質問が。北村さんは、UNISON SQUARE GARDENのライブを観るためZepp Tokyoに行ったことを述懐。マネージャーさんとの待ち合わせまで20分の時間があったため「よし一人で観覧車に乗ろうって」と思ったとのこと。

しかし、その発想に会場からは悲鳴が上がります。しかも記念写真を撮らなければならず「(自分の写真が)販売されていました」と振り返りました。

ここで同じシーンに出演した斉藤さんが突如ステージに。会場は驚きの声が挙がり、斉藤さんの濃いキャラに永野さんは大笑いしっぱなしでした。

続いて、公式SNSで募集した「叶えたい願い」を代行する企画がスタート。

受験生の合格祈願をしてほしいという依頼に北村さんは「大丈夫」と絵馬に書きます。理由として「“頑張れ”って人に言われるのが好きじゃなったんですよ。“頑張ってるわ”みたいな。だから気楽に」とエールを送りました。

また、「気持ちが伝わる告白を代わりにやってほしい」という願いに対しては、お客さんからワードを募集することに。斉藤さん相手に「頑張っている君が好きだよ」と言うとお客さんはウットリ。しかし斉藤さんから「は~いっ!」とギャグで返され、笑いに包まれてしまいました。

永野さんは北村さんの告白について「声が素敵」と感想を吐露。すると北村さんはさらに良い声を出して「そんなことないよ?」と言い会場を爆笑させていました。

映画『君は月夜に光り輝く』は、3月15日(金)、全国東宝系にてロードショー予定です。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる