オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 京本大我「首筋をあけておけよ!」妖艶なヴァンパイア姿できゅんとさせる

京本大我「首筋をあけておけよ!」妖艶なヴァンパイア姿できゅんとさせる

3月7日、京本大我主演ミュージカル『HARUTO』囲み挨拶・公開ゲネプロが行われ、主演を務めた京本大我さん、共演の能篠愛未さん、三浦海里さんが登壇しました。

京本さんにとってミュージカル初主演となる本作は、2018年3月に大好評のうちに幕を下ろしたミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』のスピンオフ公演。ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』で主人公・哲(A.B.C-Z・戸塚祥太さん)の敵役を演じたヴァンパイア貴公子・ハルト(京本さん)を主人公に描いたストーリーです。

いよいよ本日初日を迎えるとのことで、「本当に稽古もタイトな中、みんなで突っ走ってこれたので、あとは楽しむだけ」と意気込みを語る京本さん。「2月10日顔合わせをして、楽曲も稽古しながら覚えていったので、何とかここまでこれた。今日ゲネプロができたことだけでもほっとしている」と安堵の表情を浮かべます。

本作で披露される23曲中20曲の楽曲を京本さんが歌唱しているとのことで「最初はそんなに歌うと聞いてなかった。今からこれを覚えるのかと焦りながら、毎晩帰って復習してというのを繰り返していきました」と回顧。

恋敵を演じた三浦さんは「大我君がライバルなので荷が重かったですし、僕で大丈夫かなとすごく思っていた。でも芝居だけでは負けないように、張り合えないとダメだなと思っていたので、そういうところを頑張りました」と振り返ります。京本さんの印象については「人見知りと聞いていた。僕も人見知りだったので……」と語ると、京本さんから「稽古2日目の段階で、僕にテレビ買ってくださいと言ってきた。人見知りとは思えない!」と突っ込んでいました。

 

本作では妖艶なヴァンパイア姿を披露している京本さん。記者からも「ヴァンパイア役を演じるために生まれてきたよう……」と絶賛されるも、「人間がいい!」と笑わせながら、「自分の中でも一新して作りたいというのがあって、去年を忘れて作っている部分がある。去年観に来てくれた方も、来れなかった方も、どちらも楽しめるように作っています」と自信を窺わせます。

恋愛要素もある展開については「相手役がいるのは初めてで、ラブソングのデュエットも初めて。最初稽古では振付師さんに見ているほうが、こっぱずかしくなると言われるくらいギクシャクしていた。でも、回を重ねるごとに役に向き合っていけたので、ここからどんどん上げていけるように」とコメント。相手役の能篠さんが「ファンから嫉妬されるのでは?」と記者から質問が飛ぶと、「俺のファンの人は優しいので。役だなと思ってくれると思う!」と優しくフォローする場面もありました。

さらに「ファンの方は僕がきゅんとすることや、セクシーなことをやると笑う。これを機に俺もかっこいいんだぜ、恋愛対象になれるぜというのを売っていきたい。今回きゅんとさせられたら勝ちという挑戦でもある。これを機に恋愛の作品をもっとできたら」と胸の内を明かます。

京本さんは「恋愛が苦手なんです」と語るものの、「実際に三角関係になったら?」という質問には「三角関係の男性の相手にもよるけど、親友だと壊すわけにいかない……でも本当に好きだったらいっちゃいます」と男らしい一面も見せます。

最後にカメラに向かって胸キュン台詞をオーダーされると「おなか痛い!」とタジタジ。「本日からHARUTOが始まります。とてもキュンとして、アクションもあってハルトの成長ストーリーにもなっているので、どうか首筋をあけて待っていてください」とコメントするものの、女性記者からダメ出しが……。「恋愛辞めます。ずっとヘタレ役でいいです」と言いつつも、「世界中の女性の皆さん、首筋をあけておけよ!」とバシッとかっこよく決めていました。

京本さんの魅力がたくさんつまったミュージカル『HARUTO』は3月7日から3月13日品川プリンスホテル クラブeX、3月16日森ノ宮ピロティホールにて公演です。

Recommend
検索窓を閉じる