オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 恋愛対象外…「性格ブス」だと思われてしまう原因

恋愛対象外…「性格ブス」だと思われてしまう原因

いくら好みのタイプの女性でも、「性格が悪い」と感じたら、その魅力は半減してしまいます。

どんどん嫌な女にも見えてくるでしょうから、恋愛対象からは外される可能性も高いでしょう。

そこで今回は、男性から“性格ブス”だと思われてしまう原因を紹介します。

 

■常に「上から目線」である

誰に対しても常に上から目線で接する女性には、男性は強く嫌悪感を抱くもの。

しかもそれが批判や文句ばかりだったりしたら、人を見下しているような印象にもなるでしょう。

本人にはそんなつもりはなくても、言い方がきつかったり偉そうだったりすると、どうしても高圧的な嫌な女性に見えてしまいます。

特に男性は女性から見下されるとプライドも大きく傷つくので、例えばアドバイスをしたりする際も、上からな物言いにならないように気をつけてくださいね。

 

■「人の幸せ」にケチをつける

人の幸せを素直に喜ぶことができない女性は、やはり性格が悪そうに見えてしまいます。

さらに、「でも、あの子って○○だからさ」などと、その幸せにケチをつけるようなことを言ったりしたら、イメージは最悪になることでしょう。

もしもちょっと苦手な相手だったとしても、無理やりケチをつけたり悪く言ったり、ましてやその人の不幸を喜んだりするのは絶対にNG!

そんな女性と一緒にいたいと感じる男性などいるはずないですし、それどころか「できるだけ関わりたくない」と敬遠されることになるだけですよ。

 

■「自分の非」を認めない

何の失敗や欠点もない完璧な人間などいないので、ミスをすること自体は悪いことではありません。

大事なのは、迷惑をかけてしまったときに、ちゃんと謝罪をすることができるかどうかです。

「私は悪くないもん」と自分の非を認めなかったり、「あなたが悪いんでしょ」と人になすりつけたりするのは最悪の行為。

悪いことは悪いと素直に認めて謝ることが信頼関係を築くうえで最も重要なポイントですし、恋人として絆を深めていくためにも絶対に欠かせないことでしょう。

 

■結局いつも「自分の話」ばかりする

会話をしていても、なんだかんだいって結局はいつも「自分の話」をする女性には、男性もうんざりするはず。

まだ話している途中なのに遮られたり、何の話も自分の話にすり替えられたりしたら、怒りだって湧き起こるかも。

好きな男性の前ではたくさん話したくなる気持ちもわかりますが、「私がね」とか「私はさ」などと「私語り」が多い女性は、自己顕示欲が強すぎて男性は引いてしまいます。

自分だけではなく男性にも色々と話してもらうようにしないと、「この子との会話は楽しい」とは思ってもらえませんよ。

 

普段の何気ない行動や態度によって、「性格が悪そう」という印象を持たれたりもしがち。それはとても大きなマイナスポイントになってしまうので、しっかりと意識はしておかないとダメですよ。

【画像】

※  Motortion Films/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる