オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 北村匠海&甲斐翔真がイチャイチャ「同じ年でーす!」「君月」監督からの…

北村匠海&甲斐翔真がイチャイチャ「同じ年でーす!」「君月」監督からのメッセージに感動も

俳優の甲斐翔真さんが、出演する映画『君は月夜に光り輝く』初日舞台挨拶に登場、北村匠海さんと息の合ったトークを繰り広げました!

15日(金)に行われた映画『君は月夜に光り輝く』初日舞台挨拶には、そのほか北村さんとW主演を務めた永野芽郁さん、月川翔監督も出席。

共演を機に距離が近づいた様子の北村さん&甲斐さんですが、北村さんが甲斐さんにぐいっと近寄り「同じ年でーす!」とイチャイチャ。

永野さんにサプライズの手紙を読み上げ、場内を感動に包んだ北村さんでしたが、撮影時の北村さんについても、甲斐さんは「男前なんすよ!重要なシーンのときも、そっと横にいてくれたりして、男気がすごい。(永野さんへの)手紙の言葉選びのセンスもすごいし、そりゃ泣くわ!」と感想を寄せていました。

この日は、月川監督からキャスト陣それぞれにメッセージも送られました。

「芽郁ちゃんはとにかく集中力がすごい。新鮮な芝居を撮りたかったので、目の前で起きているのを毎回観させてくれる感じでした。匠海くんは本当に受けの天才なので、今回も信頼して、甘え始めたくらいの感じで託していました」と主演のふたりを賞賛した月川監督。

さらに、甲斐さんについて月川監督は「初めましてで、いろいろ面談をして、どっちに転がるかわからないワクワク感がありました。今回、ふたりと共演してすごい刺激をもらったんだろうなと。インからアップまでで変わっていった。今後まだまだ面白くなる人だと思っています」と俳優としての伸びしろに最大の賛辞を送っていました。

引き締まった表情になった甲斐さんは「ふたりと共演できて、同世代だし上に上がっていく方たちと仕事をできて、本当によかった」と感慨をにじませていました。

『君は月夜に光り輝く』は、第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜さんのデビュー作を同名映画化。

死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない余命ゼロの渡良瀬まみず(永野さん)と出会い、まみずの願いを代行体験して叶えていく岡田卓也(北村さん)とのラブストーリーを綴ります。

映画『君は月夜に光り輝く』は全国東宝系にてロードショー中です! NOSHでは甲斐さんのインタビューも掲載しておりますので、合わせてお楽しみください♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる