オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 杉野遥亮に横浜流星が切り込み!「身長差でのキスってどう?」「小さい子…

杉野遥亮に横浜流星が切り込み!「身長差でのキスってどう?」「小さい子と付き合うなら、どうする?」

累計発行部数1,088万部突破の超人気少女漫画を実写映画化した『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(以下『L♡DK』)にて、高校一のイケメン・久我山柊聖を演じた杉野遥亮さんと、柊聖のいとこ・久我山玲苑を演じた横浜流星さんによるインタビュー後編をお送りします。

前編では、プライベートでのやり取り、お互いだけが知る“いいギャップ”などを教えていただきました。

引き続き、後編では、本作ならではの女子萌えの「壁ドン」や「お姫さま抱っこ」エピソードを明かしてもらったほか、上り調子の今だから思うことなど、お話いただきました。

Q:『L♡DK』では「壁ドン」なり「お姫さま抱っこ」なり、いろいろな萌えポイントがありますよね。自分的に「うまくいった!」と褒めたい渾身のシリーズはどれですか?

杉野遥亮&横浜流星(以下、杉野、横浜):うまくいったところ!?

杉野:え~(悩)。お姫さま抱っこ、大変だったよね~。

横浜:大変だった……。

杉野:何回も何回も持ちあげるんですよ。

横浜:いろいろな角度から撮ってくれるので、そのたびに筋肉痛(笑)。でも、これを言うと(上白石)萌音ちゃんに気を遣わせちゃうので……。

杉野:そうそう!萌音ちゃんのせいとかじゃないもんね!どちらかと言えば監督なんだけど(笑)。

Q:上白石さんほど軽い人でも……という問題じゃないですよね。

杉野&横浜:そういう問題じゃないんですよ!

横浜:とにかく回数が多かったので!何回お姫さま抱っこしたかな……!?

杉野:20回近くやったよ!

横浜:でもさ、うまくいったところ、杉野はたくさんあるんじゃないの?

杉野:ないよ~。意外なところだと、お料理むきむきしているとき(※上白石さん演じる西森葵と柊聖が料理をするパート)、僕的にはうまくいきましたねえ。

横浜:この裸(※つまみ食いをするパート)とかも、いいんじゃない?裸は女子キュンだよ! けど、俺の押しポイントは「持ち上げドン」のフワッとした笑み!

杉野:「持ち上げドン」でも身長問題は結構あったから、その調整は本当に難しかった。いろいろ考えながらやっていたな……。萌音ちゃんを痛いところに打ちつけちゃうから、後ろに自分の手を回しながら、やったり。

Q:結構泥臭い話になってきますね。杉野さんと上白石さんは身長差33センチあるんですよね?

杉野:そうなんですよ。

横浜:この身長差でのキスは、どうなの?首、痛くならなかった?

杉野:首、痛くなっちゃうから、萌音ちゃんに箱に乗ってもらったり、自分が足を広げてかがむようにしてやったりしてた。実際リアルにやったら……どうなるんだろうね!?

横浜:リアルで……できるのかな!?どうするの?もし、小さい子とお付き合いすることになったら!どうするの!?

Q:横浜さんがすごく切り込んでくださっています(笑)。

杉野:……頑張るよ(小声)。

横浜:頑張って(笑)。

Q:劇中、3人での同居生活が描かれていますが、おふたりは同居や同棲願望はありますか?

杉野&横浜:ありますね!

横浜:理想の同棲は、俺は家事をやらないというか、全部相手に任せたいので家事が好きという子がいいですね!……そんなことを言うと、逃げられそうですけど(笑)。自分は仕事をするので「家にいてくれ」というタイプです。

杉野:僕は楽しんで一緒にやりたい派かな。理想は、僕も納得できる考え方を持っている人、それが刺激になるし、尊敬できる人がいいんです。お互いが苦痛にならない程度に、話し合いながら生活してみたいです。

横浜:話し合うのは大事だよね。

Q:おふたりとも現在大変お忙しい状態で、上り調子の今だからこそ意識していることは何かありますか?

横浜:風邪を引かないようにする、です!……正直、今怖いのは、ピンク髪から黒髪にすることなんですよ。今、応援してくださっている人たちはピンク髪の役が好きだと思うから。「ゆりゆり」(※『初めて恋をした日に読む話』(TBS)での役名)って呼ばれるなんて、これまでにない経験なので、今、本当に怖くて。役がひとり歩きしている感じがしているんですよ……。

Q:まったく浮かれないんですか?

横浜:浮かれないです。怖い。黒髪になったら……。

Q:絶対大丈夫ですよ。『L♡DK』は赤髪なので、ピンクからのグラデーションです。

杉野&横浜:(笑)。

杉野:本当だ(笑)!

横浜:ピンク、赤で(笑)。でも本当に気をつけているのは体調を崩さないこと、です!

杉野:僕は今まで通り、何も考えないように過ごしています。最初のほうにお話したんですけど、今年に入ってから意識的に人に会うようにしています。自分が今まで行かなかったところに行くようになったり、人とちゃんと話すようになったことですかね。(取材、文:赤山恭子、写真:長井太一)

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は3月21日(木・祝)公開です。

【関連記事】

■杉野遥亮さん、横浜流星さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは杉野遥亮さん、横浜流星さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2019年3月19日~2019年3月25日

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる