オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 発熱もファンサービスたっぷりのGACKT、不在の京本政樹をディスり「…

発熱もファンサービスたっぷりのGACKT、不在の京本政樹をディスり「なんて人だ!」

3月18日(月)、映画『翔んで埼玉』大ヒット御礼舞台挨拶第二弾が新宿バルト9にて行われ、出演するGACKTさん、益若つばささん、武内英樹監督が登壇しました。

映画『翔んで埼玉』は2月22日に公開以来、初週の週末興行ランキングでは堂々の1位を獲得、公開2週目、3週目に入っても勢いは衰えるどころか、増すばかりで異例の大ヒットを記録しています。

魔夜峰央さんによる原作を実写映画化した同作は、東京都知事の子供であり、東京屈指の名門校の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂ふみさん)と、実は通行手形の撤廃を求める埼玉解放戦線のメンバー・麻実麗(GACKTさん)との愛の逃避行(?)の中で巻き起こる東京と埼玉、千葉の抗争を描いた物語です。

先日行われた第一弾の大ヒット舞台挨拶の後、皆さんでちょっとした中打ちをしたと話したGACKTさんは、「監督が“2回とん挫しながら何とかたどり着いて作品ができて公開に至った”と涙ながらに話しているのを見て……、京本(政樹)さん、笑ってた……」と暴露!

武内監督も「ひどいですよね、あの人(笑)!」と言い、「なんて人だって(思った)」と冗談で京本さんをディスり、場内を笑いに包んだGACKTさん。

この日集まった観客に「何回観ましたか?」とアンケートをはじめ、「1回の人、2回の人……」とどんどん回数が増え、「5回以上」でも減らない人数に、GACKTさんは「正直な話、頭おかしいですよ」と言いながらも、うれしそうにニッコリ。

結果、16回観たという女性が最多で、これには益若さんも「月の半分は……」と絶句。

せっかくなのでとGACKTさんから最多の女性に狭山茶のプレゼントを行い、「どこの劇場に行かれたんですか?」と尋ねると、「各地の映画館を見て回って反応の違いが面白かったです。池袋が最高ですね。毎回上映後に拍手がまき起こる!」と報告すると、GACKTさんは「池袋って、埼玉の夢の町なんですね。なるほど」とうなずいていました。

さらにGACKTさんも「各地の反応を見る楽しみ方」に興味を示し、「インスタライブで中継しながら映画を観るの、やってみようかな」と言うと、武内監督に「絶対ばれる」と突っ込まれましたが、「始まってから入ってサッと行くのでバレない自信ある!もしくは麗さまの格好をして……」と想像をめぐらせると、集まった女性からキャーと黄色い声を浴びていました。

実は、今回の舞台挨拶のため緊急帰国して駆けつけたGACKTさんでしたが、「無理なフライトで来たので熱が出ちゃって、さっき点滴で無理やり(熱を)落としてきた。本当、とんだもんですよ、これ」と驚きの事情を明かしながらも、「皆さんの笑顔を見てよかったなって思いました」とニッコリし、どんなときでも輝きのスマイルと最高のファンサービスを見せてくれたGACKTさんでした。

映画『翔んで埼玉』は大ヒット上映中です! NOSHでは埼玉デュークを好演した京本さんのインタビューも掲載しております、合わせてお楽しみください♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる