オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 関口メンディー、剛速球も自己新届かず「ごメンディー!」片寄涼太&鈴木…

関口メンディー、剛速球も自己新届かず「ごメンディー!」片寄涼太&鈴木伸之らも大興奮!

3月18日(月)、映画『PRINCE OF LEGEND』に出演する関口メンディーさんが、「読売ジャイアンツ×マリナーズ戦」の始球式に挑み、共演する13名の王子たちが応援に駆け付けました!

関口さんと言えば、昨年、TBSの番組内「ドッキリ」で大リーガーに本気でなろうとしていたほど、剛速球を投げられる腕の持ち主。

さらに、前回(2018年6月5日の巨人対楽天戦)の133kmという記録を打ち破るべく、関口さんは練習から気合い十分の様子。

いざ、関口さんがマウンドに登場するやいなや、球場は大歓声! さらに、関口さんに続いて、片寄涼太さん、鈴木伸之さん、佐野玲於さんらが続々と入場すると、客席ならず、原監督やイチロー選手までニンマリ。

肩をならして、いざ、関口さんが大きくふりかぶって投げます!

表示された記録は、なんと127km……! 自己記録更新とはならなかったものの、関口さんの勇姿に王子たちは大感激でした!

終了後、関口さんは「あまり悔しくはありません!メジャーのチームがいるということで、会場の雰囲気がいつもとは全然違う空気感の中、マウンドに立てたことが本当にありがたかったです」と清々しい表情。

「ただ、マウンドに上がる前に、原監督から“135kmいけるか?”と声をかけていただいて、嬉しくて“140いきます!”と答えたのですが、さらに緊張してしまって……。140kmはひとつの目標でもあるので、次はしっかりチャレンジして、超えたいです!」と第3回目への目標も掲げていました。

マウンドで見守った片寄さんは「間近でメンディーさんの勇姿を見ることができて、うれしかった!」とし、鈴木さんも「メンディーさんの背中がいつもの15倍以上大きく見えました!」と興奮。

佐野さんも、「マウンドに向かう前に原監督とメンディーくんが会話をしていて、その会話が選手のようだった」と、まるで本物の野球選手のようだと労いました。

また、大学の同級生でもある町田啓太さんは、「同級生のときは、まさかメンディーが始球式に登板して、その横で自分が応援するという絵は思い浮かびもしませんでした。本当に誇らしいです」と感動をあらわに。

最後に、関口さんは今回の結果をふまえ「ごメンディー!!」と叫び、しっかりとオチをつけていました。

映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日(木・祝)より全国東宝系にてロードショーです! NOSHでは佐野さん&関口さん、町田さんのインタビューも掲載しております、合わせてお楽しみください♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる