オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 斎藤工、自身が携わった映画を「ピータンを初めて食べたよう」と表現

斎藤工、自身が携わった映画を「ピータンを初めて食べたよう」と表現

斎藤工さんが、20日、新宿バルト9ロビーにて開催された映画『麻雀放浪記2020』完成報告ステージイベントに出席。紆余曲折あって正式に同作品が公開されることに「英断してくださった」と心境を語る一幕がありました。

阿佐田哲也さんの著書『麻雀放浪記』(文春文庫)を独自の解釈でアレンジした本作。1945年の戦後からタイムスリップしてきた主人公・坊や哲(斎藤さん)が、少子化、AI導入がもたらす労働環境破壊、共謀罪による言論統制など、荒れ果てた2020年のニッポンへ降り立つという物語です。

イベントには斎藤さんのほか、ももさん(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督も登壇。ロビーにはたくさんのお客さんが集まりました。

斎藤さんは冒頭、出演者の一人が逮捕されたことを受けて「今朝公開が発表されるまで不安の中で過ごしていました」と吐露。「本当にホッとした気持ちでいっぱいです」と感謝を伝えます。

また、斎藤さん自身が本プロジェクトを携わってきたことから、どんな映画になったのか問われると「ピータンを初めて食べたような。一体何を観たのか、僕も(公開の)4月5日が楽しみです」と表現。ロビーのお客さんを笑わせます。

普段はアーティストながら演技に挑戦したももさんも「テンポの良いぶっとび映画」とコメント。

ベッキーさんは「チャンジャのような」と言い「よく分からない……でも癖になる!」と語ります。一方、クソ丸というユニークな役名を演じた竹中さんは「工くんがすごくて、ももちゃんがカワイくて、ベッキーはどうでもいいんですけど」とベッキーイジリをして会場を笑いに包みました。

斎藤さんは公開が危ぶまれたことについて、改めて「“どうなるんだろう?”と状況が掴めなかった」と回顧。「白石監督たちが英断してくださった」と述べます。

白石監督も「作品に罪はないということを宣言したくて」と言い「正しいかどうかは分かりませんが、でも、いつか間違ったことじゃなかったと言えるようにしたいし、いろいろな想いでみんな作っているんだというのはお伝えしたかった」と声を震わせていました。

映画『麻雀放浪記2020』は、4月5日(金)ロードショーです。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる