オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 斎藤工、試写ナシ舞台挨拶で「昼顔」の名を出し、ベッキーがツッコミ!

斎藤工、試写ナシ舞台挨拶で「昼顔」の名を出し、ベッキーがツッコミ!

斎藤工さんが、3月20日、新宿バルト9で開催された映画『麻雀放浪記2020』完成報告舞台あいさつに出席しました。

公開前から何かと話題に上がっている本作。原作である阿佐田哲也さんの小説『麻雀放浪記』(文春文庫)を題材に、1945年の戦後から2020年のニッポンへタイムスリップでやってきた“坊や哲”(斎藤さん)が、様々な人と出会い、事件に巻き込まれていく物語です。

舞台あいさつには斎藤さんのほか、ベッキーさん、ももさん(チャラン・ポ・ランタン)、竹中直人さん、白石和彌監督も登壇しました。

今回は「完成披露試写しない舞台挨拶」ということもあり、斎藤さんは「“上映しない”と言っているのに、なぜ皆さん集まったのか疑問です」とぶっちゃけて笑わせます。

10年前から同作品の構想があったという斎藤さんは「僕もいろいろ映画を観ている方だと思うんですけど、観たことのない映画になりました。自信作です」と胸を張ります。

『麻雀放浪記』は映画としても1984年に公開されており、今回独自の解釈を加えてパワーアップ。斎藤さんは「リメイクっていうものがオリジナルを超えることはなかなか少ないと思います」と“リメイク”の難しさを吐露。

佐藤佐吉さんの脚本と白石監督の化学反応は「おそらく、阿佐田哲也先生も嫉妬するような作品が生まれるんじゃないか、という想いで撮影に挑みました。今終えてみて、おそらくそれを凌駕したものになったと心から思っています」と語りました。

ここで「上映しない」とふれこみはあったものの監督から「何も上映しないわけではありません」と発表があります。「今日上映する映画は別にあります」と発表のバトンを受け継いだ斎藤さんは「映画“昼顔”を」とボケて、ベッキーさんから「いやいやいや!出てるけど。主演だけど!」とツッコミを受けます。

実際には、和田誠監督がメガホンを取った1984年版の『麻雀放浪記』を一緒に観ると共に、帰りには映画の鑑賞券をキャストからプレゼントされることが発表されました。これにはお客さんも大喜びしていました!

映画『麻雀放浪記2020』は、4月5日(金)ロードショーです。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる