オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 田中圭、将来は脚本家になりたい!?

田中圭、将来は脚本家になりたい!?

出典: NOSH(ナッシュ)

ブレイク俳優の田中圭さんが、将来の次なる目標を大発表しました!

それは23日に都内で行われた、映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台挨拶でのこと。黒川芽以さん、臼田あさ美さん、中村倫也さん、大九明子監督、脚本担当のシソンヌ・じろうさんと参加しました。

映画の内容にちなんで「やってみたい〇〇活」を聞かれた田中さん。すると「執筆活動。今後ゆくゆくは脚本家になる」と意外過ぎる未来のビジョン告白。驚く共演者から「今書いたりしているの?」と尋ねられると「今?やってないよ」とズッコケ返答。

それでも田中さんは「でも尊敬しているんです。ゼロから物事を生み出せる人は凄い。いつかやりたい」と再び宣言も、「でもたぶんやらないでしょうね~」とまたまたズッコケで、中村さんから「お忙しですからね~」とフォローされていました。

漫画家・とあるアラ子のエッセイコミックが原作。美人ながらもいい恋愛に恵まれない32歳タカコ(黒川)が人生初の婚活を通して、成長していく姿を描きます。

セクシーな雰囲気をまとう役どころの田中さんは「演じる上でこだわったことはほとんどない。芽ちゃんと大九さんに言われるままにやっていた感じ。女性目線の話ですから、男の自分からは言いにくいので」と照れ。

役柄については「タカコちゃんから家の住所を教えてもらったときの返信がクソ速い。それが面白い。返信が来る前からわかっていたOKというか、女性に慣れてますね。あれはダメ!」とプレイボーイぶりに呆れていました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる