オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 土屋太鳳&志尊淳、リアルバンブルビーとのハイタッチにうきうき顔

土屋太鳳&志尊淳、リアルバンブルビーとのハイタッチにうきうき顔

3月23日(土)、映画『バンブルビー』公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、日本語吹替え版を務めた土屋太鳳さん、志尊淳さんらが登壇、“リアルバンブルビー”と交流しました。

映画『バンブルビー』は、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の最新作!

見た目は車、中身は傷ついた黄色い生命体“バンブルビー”と、自分の居場所を見つけられない少女チャーリー(土屋さん)との、心の交流を描く青春映画になっています。

この日は、現在、日本全国行脚を行い、様々な場所に出没しSNSで話題沸騰中の“リアルバンブルビー”(着ぐるみ)も公開を記念して会場に駆けつけました!

初めてリアルバンブルビーと顔を合わせた土屋さん&志尊さんは登場早々うれしそうにハイタッチ!

兼ねてから「バンブルビーが理想のタイプ」と公言していた土屋さんですが、生のバンブルビーを見て「志尊くんと“意外と背が高いんだね”って言っていました(笑)。すごくかわいらしくて、とても愛おしいです。どこか一緒に行きたくなります」とバンブルビーに向かって話しかけると、思わずうれしそうなはしゃぐリアクションを取ったバンブルビー。

土屋さんは、バンブルビー(アテレコは声優の木村良平さん)と映画のワンシーンを再現することになり、バンブルビーの頬に手を当てて「誰か頼れる人はいる?家族はいるの?」と、熱心に演技を披露しました。

また、先日行われたジャパンプレミアにて、本作のキャスト、監督らと触れ合った土屋さん&志尊さん。

印象に残っていることを尋ねられた志尊さんは「ヘイリー(・スタインフェルド)をずっとハリウッドの作品で拝見したので、“実在するんだなあ”って思いました。ミーハー心がくすぐられて“会えた”って印象が強かったです」と、思わず本音を漏らしていました。

映画『バンブルビー』は大ヒット公開中です! NOSHでは土屋さん&志尊さんへのインタビューも掲載していますので、合わせてお楽しみください♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる