オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 若葉竜也が「それでも一緒にいたい」と思う相手について持論を展開「いい…

若葉竜也が「それでも一緒にいたい」と思う相手について持論を展開「いい恋愛って、グロい」

映画『愛がなんだ』にて、主人公テルコ(岸井ゆきのさん)の親友・葉子(深川麻衣さん)に想いを寄せながら、友達以上、恋人未満の関係を続ける、プロカメラマン志望のナカハラを演じた若葉竜也さんによる単独インタビュー後編をお送りします。

前編では、演じたナカハラについて、また印象的だったというごはんを食べるシーンについての気持ちを語っていただきました。

引き続き、後編では、若葉さんが経験したナカハラのような恋愛や、20代に「やってきてよかった」ことなど、多くを教えていただきました!

Q:若葉さんは、テルコのような盲目的な恋愛をした経験はありますか?

若葉竜也(以下、若葉):テルコというか、演じたナカハラみたいな経験をしたことは、自分にもあります。

Q:なんと!

若葉:はい(笑)。「それでも一緒にいたい」という想いでした。……僕、今年で30(歳)なんですけど、30年も生きていればそんなことくらいはあるかなって。だから人に対して執着することも「普遍的」なのかなとも思ったんです。

いい恋愛って、グロいと思っているんですよ。さらっと居心地よくいられる相手って、意外と覚えていなかったりして。いろいろあった人のほうが、なんか「いい恋愛だったんだな」と今は思ったりしますし。だから、ナカハラにとっては、すごくきつかったかもしれないけど、僕から見たら「いい恋愛をしているな」という見方でした。

Q:若葉さんが経験したグロい恋愛は、どんなエンディングを迎えたんですか?

若葉:別れて引きずって……ナカハラと同じでした。忘れるしかないんだな、と……。

Q:忘れる方法は何かあるんですか?

若葉:ないです(笑)。好きな人を作るしかないですね。

Q:間もなく30歳を迎えるというお話もありましたが、20代でやり残したことはありますか?平成最後にやりたいこと、みたいな話になるかもしれませんが。

若葉:う~、あまりないんですよね。何かあったかなあ……?元号が変わっても「元号が変わったときにやればいいや」くらいに思っているタイプで。20代のうち……特にここ5年、これまでを回収するかのように、いろいろな人と関わろうとしてきた毎日でした。

その前までは、人と関わりたくない気持ちが結構あったんですよ。「それでは生きていけないな、ひとりじゃ無理だな」と思って、いろいろな人と積極的につながろうとしました。

Q:お仕事の上、という話だけではないですね?

若葉:映画関係者だけでないですね。例えば……僕は棋士がすごく好きなんですけど、棋士の友達の考え方を聞いて感動したりとか。将棋って、結局勝ちか負けしかないので、その戦い方はすごく格好いいと思っていて。そんな話をいっぱい聞かせてもらいました。

いろいろなジャンルの人たちと話をしたいと思って、多ジャンルの人たちと時間を共有できたのは、「20代のうちにやっておいてよかった」とすごく思ったことです。とても大きかったです。

Q:同業者や俳優仲間と仲がいい、とかもあるんですか?

若葉:あまりいないんですよね……。同業者としゃべるよりも、違うジャンルの人たちとしゃべるほうが、今は面白いなと思っています。……というよりも、25くらいを過ぎてから頻繁に遊ぶような友達って、できたことがなくて(笑)。

Q:いつメン的な存在がいらっしゃるということですよね。

若葉:そうですね!地元の友達とか、学生時代、一緒に遊んでいた友達といまだに一緒にいるから。

Q:今お話している若葉さんはオフィシャルな姿だと思うんですけど、仲良しのお友達からは「どんな人」と形容されますか?

若葉:え!みんな、どういう人って思っているんですかね!?……洗濯物とかをたたまないから、だらし……ないでしょうね(笑)。ただ、どこかにみんなで旅行に行くとかとなったら、俺が全部ホテルとかを予約したりはしますね。……そんな役割の人間です(笑)。

Q:いろいろとありがとうございました。最後にNOSH読者にメッセージをお願いします!

若葉:この映画はカテゴライズして観ないほうが、きっと面白いと思います。「ラブストーリーだ」と思って観ると、肩透かしをくらうかもしれないですし。グロい恋愛のほうがいい恋愛だと思うので、人の人生をのぞき見するみたいに、観てもらえたらうれしいです。(取材、文:赤山恭子、写真:鈴木久美子、スタイリスト:Toshio Takeda (MILD)、ヘアメイク:FUJIU JIMI)

『愛がなんだ』は4月19日(金)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーです!

【関連記事】

■若葉竜也さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは若葉竜也さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2019年3月29日~2019年4月5日

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

Recommend
検索窓を閉じる