オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > 映画 > AKIRA、青柳翔との3年間に万感の思い「相方が青柳でよかった、本当…

AKIRA、青柳翔との3年間に万感の思い「相方が青柳でよかった、本当に最高!」

11月11日(土)、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』(以下、“HiGH&&&LOW3”)の初日舞台挨拶が丸の内ピカデリーにて行われ、出演するAKIRAさん、青柳翔さんらが揃って登壇しました。


出典:NOSH

『HiGH&LOW』シリーズの最新作にて最終章となった『HiGH&LOW3』は、EXILE HIROさんが企画プロデュースを務め、プロジェクト累計総動員数は510万人を突破した総合エンタテインメント。

チームを超えて力を合わせ、悪名高きスカウト集団『DOUBT』と監獄からの刺客『PRISON GANG』との闘いに勝利した『SWORD』メンバーでしたが、今度は九龍グループ総力を結集した『SWORD壊滅行動』が遂行されていきます。

3年間ずっと携わり続けたプロジェクトなだけに、AKIRAさんも青柳さんも万感の思いといったところ。


出典:NOSH

AKIRAさんは、「3年間という長いようで短い月日にこれだけの大作は、なかなかできることではないので、点と点がひとつになり“HiGH&LOW3”は奇跡に近いプロジェクトだと思います」と心中を激白。

青柳さんは、「九十九という役を通して琥珀さんについていくと決めてから3年がたったので、いちから作品に関わる機会はなかなかないと思うので、うれしいです」と言うと、すかさずAKIRAさんが「相方が青柳でよかったですね」と声をかけると、青柳さんも「こちらこそ、3年間ありがとうございました!」とうれしそうに微笑みます。


出典:NOSH

ふたりの間に立っていたTAKAHIROさんが「間に挟まれてどうしよう(笑)」と笑いを誘う場面もありつつ、AKIRAさんは、「本当に最高でしたね!青柳と一緒で」とますます思いを滾らせていました。

さらに、好きなシーンについて聞かれた青柳さんは、「源治さん(小林直己さん演じる)と戦っているシーンで、途中で鉄板を持ち出すんですけど……本当に必要なのかと思いつつ(笑)、監督が“どうしても鉄板使いたい”と言うので(やった)。すごく印象に残っています!」と九十九ならではの撮影を振り返っていました。


出典:NOSH

なお、NOSHではAKIRAさん&青柳さんの単独インタビューも掲載中ですので、あわせてチェックしてみてくださいね。

映画『HiGH&LOW3』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

※ AKIRA×青柳翔に単独インタビュー!井浦新が演じた龍也を琥珀に投影して――「HiGH&LOW3」

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる