オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「熱い部分に火をつけたい」横浜流星の強い決意、自分に戻れる場所

「熱い部分に火をつけたい」横浜流星の強い決意、自分に戻れる場所

映画『チア男子!!』にて、親友とともに男子チアリーディングのチーム「BREAKERS」を結成する大学生・ハルを演じた、横浜流星さんによるロングインタビュー後編をお送りします。

前編では、3カ月という膨大な練習時間を重ねたチアのこと、信じられた仲間たちのことなどを、語っていただきました。

引き続き、後編では、続々と作品に出演する横浜さんの本音、青春映画への想いや、自分に戻れる時間や場所を教えていただきました!

Q:映画『チア男子!!』では迷いながらチアに邁進していく大学生、現在公開中の『L♥DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』ではオラオラ系、『初めて恋をした日に読む話』ではクールだけど熱い不良の高校生……短期間の作品を観比べるだけでも、横浜さんの演技の幅に驚かされます。

横浜流星(以下、横浜):本当ですか……!?ありがとうございます!実際、役柄が違ければ違うほど振り切れるので、やりやすいんです。似てきてしまうと、逆に難しくて。『チア男子!!』は朝井リョウさんの原作なので、人間関係の深いところまで描かれているなと思っていました。だからこそ繊細に、丁寧に演じていこうと思ってやりました。

Q:ご自身で本作を観て、改めてどんな感想をお持ちになりましたか?

横浜:これでもか、というぐらい背中を押されました。チアリーディングって元々、女性がやるものだと世間的には思われているけど、「BREAKERS」のみんなは気にせず、一生懸命チアリーディングをやっている。カズ(※中尾暢樹さん演じる)が「BREAKERS」と名付けたのも、「壊したい」という思いからなんですよね。ラストの文化祭に向けて、みんなが一生懸命頑張っていた姿を見て、俺自身も背中を押されました。

Q:前回のインタビュー(https://nosh.media/archives/3447062)では、役の反響についても、お話になっていました。

横浜:そうです。ドラマをやって、すごく影響力があって、みんなが役名で呼んでくれるのはうれしいんですけど、ちょっと怖かったところもあって……。「次の作品、受け入れられない」みたいなコメントを見たりもしましたし、ピンク色の髪からほかの色にするのが怖い気持ちを持っていた……、そんなピークのときに、ちょうどこの作品を観たんです。

そのタイミングだったからこそ、すごく背中を押されました。どんどんいろんな役に挑戦して、イメージを壊していくのはすごく大切だと思えました。

Q:自分の作品で自分が鼓舞されるという、すごく説得力のあるお話ですね。

横浜:確かに、自分の作品に……(笑)、そうですね。俺としては、ファンの方たちが大切で、大切だからこそ、いろいろな顔を見せていきたいと思いました。いろいろな役をやって、みんなが描いているイメージを、いい意味で壊していきたいなと。この作品を観て、すごく背中を押されました。

Q:今お話されたこと以外に、『チア男子!!』ならではの魅力は、ほかにも感じましたか?

横浜:自分もそうですけど、大人の方と話していると「最近の子たちは冷めている」と言われることが多いんですよね。この熱い青春物語を観て、絶対、人には熱い部分があると思うので、その部分に火をつけることができればいいな、と思いました。『チア男子‼』を観たことによって、「何か挑戦してみよう」と思ってもらえたらうれしいですし、すでに挑戦している人たちには、挑戦していることをやめないで、ずっと続けてほしいです。

Q:ところで、制服を着る作品も段々少なくなるかもしれませんよね。こうした青春映画に出演される特別な想いはありますか?

横浜:なんか……10代の頃とかは、早く制服を着ない作品にも出たいと思っていましたけど、先輩方に「キラキラできるうちにしといたほうがいいよ。そこで得るもの、たくさんあるよ」と言われたんです。確かに、もっと歳を重ねたら出られないだろうし、「今しかできないな」という気持ちになりました。

それに、リアルな高校生じゃないからこそ、年齢を重ねたから今だからこそ出せるような高校生らしさもあるとは思うんです。僕は中学生の頃からこの世界に入っているので、自分が味わえなかった青春を、今、仕事で取り戻せているような感じもあって(笑)。そこも、やっぱり役者しかできないですよね。自分とはまた違う人生を歩んで、青春を味わえるっていうか。すごく充実しています。

『チア男子!!』でも、みんなで盛り上がったりとか、練習の部分は実はアドリブなんです。そういうときに、より「うわ、青春してんな!」と思いますよ(笑)。

Q:最後に、忙しい横浜さんが、自分に戻れる場所、自分を取り戻せる時間はいつですか?

横浜:え~!そうですね……、家が一番ですかね。ゆっくりできないときもありますけど、お風呂に入っているときとかは、完全にオフモードかもしれないです!逆に、お風呂から出たら、「あっ、台本読まないと」とか、「やることしないと」と思っちゃうので、お風呂のときだけは自分に戻れる時間ですね。(取材、文:赤山恭子、写真:上野裕二)

映画『チア男子!!』は5月10日公開です。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる