オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 神宮寺勇太が初めて見た、永瀬廉のある姿とは?「後でいじりました(笑)…

神宮寺勇太が初めて見た、永瀬廉のある姿とは?「後でいじりました(笑)」【映画「うちの執事が言うことには」リレーインタビュー前編】

King & Prince・永瀬廉さんが主演を務める、映画『うちの執事が言うことには』が5月17日(金)より公開します。

NOSHでは『うちの執事が言うことには』リレーインタビューとして、永瀬廉さん、清原翔さん、神宮寺勇太さん、神尾風珠さんのインタビューをお届けしています。

今回は、本作が映画初出演となったKing & Prince・神宮寺勇太さんにインタビュー!

神宮寺さん演じる赤目刻弥は、大学生で企業家という何ともきらびやかな設定で、パティスリー『アントルメ・アカメ』のオーナー! 永瀬さん演じる烏丸花穎とは、パーティー会場で出会い親睦を深めていくも、何やら訳がありそう……? 上流階級の人間でありながらも、そのどこかつかみどころのないキャラクターで、観客を翻弄していきます。

劇中では物語の鍵を握る重要な役どころに挑戦した神宮寺さん。映画は初出演ながらも、その華やかなオーラとミステリアスな演技で、観客に「この人はいったい何者?」と思わせる存在感を見せつけています。

Q:映画の出演が決まったときの気持ちをお聞かせください。

神宮寺勇太(以下、神宮寺):僕自身、映画に出演するのが初めてだったので、まずすごく楽しみだなと思いました。でも、原作を読むと話の内容がミステリーだったので、演技の経験が少ないなかでこの複雑な役を務めることに若干のプレッシャーも感じました。

Q:先日、試写会で本作をご覧になったとお聞きしていますが。

神宮寺:試写会はある意味地獄みたいでした(笑)。(永瀬)廉と(清原)翔くんと一列になって静かに観させていただいたんですが、最初から最後まで本当に緊張しっぱなしで。あと、そのときお腹が空き過ぎていて、途中で“ぐぅ~”と大きな音が鳴らないかも心配で(笑)。

Q:神宮寺さんと刻弥に共通点はありますか?

神宮寺:僕は企業家でも大学生でもないしな~(笑)。あ、でも自分で言うのもおこがましいですが、冷静なところは似ていると思います。それ以外だと……ないです!

Q:ご自身と設定がかけ離れている役を演じることについてどうお考えですか?

神宮寺:やりやすいと思いました。全然違うからこそ頭で冷静に考えることができるし、演技のプランも練れるので。でも、僕の存在もある意味、皆さんにとっては“神宮寺勇太”ってキャラクターみたいなものだと思うんです。だから、演じる役と素の自分が似ていると「え、これ、ただの神宮寺勇太じゃない?」と感じてしまうかもしれない。もちろん演じている側としては、まったく別の人格を演じているつもりでも、視聴者の方にはそれが伝わらないじゃないですか。今回は物語のキーパーソンとなる人物のため、演じていて難しさと直面することもありましたが、素の自分とはっきり差別化できる役をいただけたのはラッキーだったと思います。

Q:永瀬さんと現場ではそれぞれ花穎、刻弥として接していたそうですね。

神宮寺:僕は「廉」って呼んじゃっていましたけどね(笑)。でも、そうやってカメラが回っていないときでも役に入り込んでいる分、物語のクライマックスのシーンの前は、あまり誰とも話していなかったと思います。集中したい、という思いもあってご飯もひとりで、食堂で食べていましたし。今思えばあの人数のなかでのぼっち飯はかなり切なかった~(笑)。

Q:ひとりご飯は苦手ですか?

神宮寺:いや、ひとりで食べるのは嫌じゃないし得意なほうだけど、誰かがいるなら一緒に食べたいじゃないですか?今まではみんなで食べていた分、余計に寂しくてちょこっとだけ涙が出そうになりました(笑)。

Q:涙が出そうになったことを永瀬さんには……。

神宮寺:言ってないです(笑)。役のためとはいえ、さすがにそれは恥ずかしいので……。

Q:映画を通じて発見した永瀬さんの新たな一面はありますか?

神宮寺:廉の泣き顔です。僕、生で廉の泣き顔を見たことってなかったんですよ。ジャニーズJr.時代からの長い付き合いのなかで、初めて見る泣き姿だったので印象に残っています。

Q:初めて目の前で見る永瀬さんの泣き顔、やっぱりビックリしましたか?

神宮寺:いや、むしろ笑っちゃいました(笑)。見ている側としても照れみたいな感情があるんですが、「廉が泣いている~!」って内心おもしろかったです。もちろん後でいじりましたよ。「あれ?廉この間泣いてなかったっけ?」って。そしたらあの関西弁で「うるさい!」と怒られました(笑)。

後編のインタビューでは、プライベートの神宮寺さんに接近! 最近、ジャニーズの仲間と観た映画の話、神宮寺さんのお父さんと木村拓哉さんの意外な共通点などをお話してくれています!

映画『うちの執事が言うことには』は5月17日(金)公開です。

Recommend
検索窓を閉じる