オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 神尾楓珠が最近巻き込まれた“事件”とは?「超焦りました…」【映画「う…

神尾楓珠が最近巻き込まれた“事件”とは?「超焦りました…」【映画「うちの執事が言うことには」リレーインタビュー前編】

King & Prince・永瀬廉さんが主演を務める、映画『うちの執事が言うことには』が5月17日(金)より公開します。

NOSHでは『うちの執事が言うことには』特別連載として、永瀬廉さん、清原翔さん、神宮寺勇太さん、神尾風珠さんのインタビューをお届けしています。

今回は数々の話題作に引っ張りだこの注目の若手俳優・神尾楓珠さんにインタビュー!

神尾さんは、永瀬さん演じる烏丸花穎の家に仕えるハウスキーパー代理・雪倉峻を好演。作品を彩るキーパーソンのひとりとして、今作でもたしかな爪痕を残しています。

Q:今作の役が決まったときの感想をお聞かせください。

神尾楓珠(以下、神尾):今回は上流階級を舞台にした作品ですが、僕は烏丸家のハウスキーパー代理という役どころなので、セレブ感みたいなのはあまり意識しなくていいのかなと思いました。むしろ所作も完璧さを目指すのではなく、不器用にひたむきにやっている姿を見せれたらなって。ただ、(永瀬)廉は本当に役にピッタリだなと思えるくらい、佇まいというかオーラがキラキラしていましたね。何と言ったって“King & Prince”だし(笑)。実際会ってみてもすごく人に気を配れて、育ちがいいんだろうなって傍で見ていて感じました。

Q:共演者との思い出は?

神尾:廉と(清原)翔くんがふざけていて、そこにたまに神宮寺(勇太)がツッコミを入れるという光景を見ているのが面白かったです(笑)。でも、基本はみんなカメラが回っていないときでも役として接していたので、僕はその3人の輪に積極的に入ろうとはしていませんでした。けど、廉も神宮寺もたまに翔くんとわちゃわちゃしているくらいで、(同じKing & Princeのメンバーなのに)現場ではちゃんと役としての距離感を保っていたように感じました。やっぱりそこはプロだなって、関心させられますよね!

Q:神尾さんも永瀬さんもともに20歳ですが、映画の設定では当主とハウスキーパー代理。役の設定上、距離感の取り方も考えたかと思います。

神尾:そうですね。廉とは同じ年だし、サッカーが好きという共通点もあって話も弾むんですが、撮影期間中はやっぱり距離感を保つように意識していましたし、同じ控え室にいるときも僕は存在感を消していました。あれ?でも今思うとどうやって存在感を消していたんだろう(苦笑)?

Q:撮影がオフのときは、永瀬さんとどんなやりとりを?

神尾:廉はよくおにぎりをくれました。

Q:それは永瀬さん手作りの?

神尾:いやいや(笑)!朝、コンビニで廉が買ってきたやつです。もちろんそこは烏丸家のハウスキーパー代理として食べるしかないと思って。あと、こぼれ話になりますが、いつもは「廉」「楓珠」って下の名前でフランクに呼び合っている仲ですけど、たまにふざけて「花穎さま」と呼ぶこともありましたね(笑)。

Q:永瀬さんをリスペクトしている部分はありますか?

神尾:廉は集中力がハンパじゃなくて、それを切らさない持続力もすごいんです。花穎が泣くシーンも最初は「泣けへん」とか言っていたくせに、いざ本番になるとずっと泣いているんですよ。そういう勝負強さも持っているところも、俳優としてリスペクトしています。

Q:ちなみに神尾さんは、プライベートでも役を引きずるタイプ?

神尾:引きずるほうだと思います。でも、次の役に入る際の切り替えは、けっこうスムーズにいけますね。ひとつの作品が終わると、自分のなかでちゃんと消化できるので、役にのめり込んでいた作品でもわりとスパッと次にいけるんですよ。(取材・文:近藤加奈子、写真:映美)

後編のインタビューでは、とっても貴重な神尾さんのアルバイト経験について触れています! はたして神尾さんが経験したアルバイトとその思い出とは……?

映画『うちの執事が言うことには』は5月17日(金)公開です。

Recommend
検索窓を閉じる