オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ケンカの原因に!彼氏に言ってはいけない“上から目線”な言葉

ケンカの原因に!彼氏に言ってはいけない“上から目線”な言葉

男性はプライドが高い人が多く、彼女が“上から目線”な態度で接してきたりしたら、イラッとしてしまうかもしれません。

上から目線な態度が続くと、馬鹿にされているような気分にもなり、付き合っていくのが嫌になる可能性も……。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、彼氏に言ってはいけない“上から目線な言葉”をご紹介します。

 

■「ちゃんとやっといてよね」

彼氏にお願い事などをするときに、命令口調のような言い方をするのはNG。「ちゃんとやっといてよね」とか「全部終わらせといてよ」なんて言われたら、彼氏だってカチンときてしまうかもしれません。

あなたは普通にお願いをしたつもりでも、言い方が悪いと彼氏には命令に聞こえてしまうこともあります。そして、偉そうに命令をされたら、彼氏も「やってあげよう」という気持ちにはなれないはず。「お願いしてもいい?」などと上からではない言い方にすると、彼氏も悪い気はしないでしょう。

 

■「そのやり方じゃダメだって」

彼氏が何かをしているときに、横から口出しをしすぎると、それだけでプライドを傷つけてしまう可能性が。「そうじゃないって」なんて言われ方をしたら、ダメ出しだと思ってしまい、彼氏のやる気がなくなってしまうかも……。

男性の中には“常に女性よりも上に立っていたい”と考えている人も多く、女性からダメ出しをされるのは精神的にきついようです。しかも、それが信じている彼女であったら、なおさらイライラ度も高まるでしょう。彼氏を否定するような言い方は、なるべくしないことをおすすめします。

 

■「もっとこうしてみなよ」

アドバイスのつもりで言ったことが、相手には不快に感じられてしまうこともあります。「もっとこうした方がいいって」と彼女から言われたら、男性は自分のやり方にケチをつけられているような気分になるかもしれません。

「こういうのはどう?」とか「こういうやり方とかってアリかな?」などと、ちょっと言い回しを変えるだけでも、彼氏が受け取る印象は大きく違ってくるでしょう。あくまでも“対等な立場”であることを感じさせるような言い方にしないと、せっかくのアドバイスも彼氏には大きなお世話だと捉えられてしまうかも。

 

■「私がやるからもういいや」

彼氏がなかなかうまくできないのを見て、イライラしてしまうこともあるかもしれません。だからといって、「もう私がやるからいいや」と彼氏から奪い取るようなことを言ってしまうと、男性のプライドがポキリと折れてしまうかも……。

「もういいや」というひと言は、彼氏の行動を否定する言葉のようにも聞こえてしまいます。自分のことを否定してばかりの彼女とは、今後も仲良くしていけるのかと不安になってしまうよう。彼のことを信じて見守り、どうしても難しそうであれば少しだけアドバイスをして様子を見るといった姿勢でいるとよいでしょう。

 

もしいつも「きついことを言ってしまっているな……」と感じたら、時には彼を立てるような発言をしてみるのもよいでしょう。また、もし上から目線な言葉を言いそうになった時は、いったん冷静になって考えてみるとよいかもしれません。

【画像】

※ sivilla/shutterstock

【関連記事】

※ いつもワンパターン!エッチが下手な男性がやりがちな失敗

※ 【手相占い】危険を察知!あなたの“霊感”の強さ

※ 【生まれた順でわかる彼の出世度】真ん中っ子はワンマンタイプ!

Recommend
検索窓を閉じる