オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 気になる彼に「また会いたい」と思わせる会話術

気になる彼に「また会いたい」と思わせる会話術

会話をしていて楽しい女性には、男性も心を開きやすく、好意も抱きやすいです。

そのため「もっと話していたい」と思われる女性になることができれば、気になる男性との距離もグッと縮められるでしょう。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男心をつかんで「また会いたい」と思わせる“会話術”をご紹介します。

 

■「話しかけやすさ」を出す

そもそも話しかけにくい女性とは、なかなか会話をすることができないですし、できたとしても盛り上がるのは難しいかもしれません。まずは“話しかけやすい雰囲気の女性”になることが、男性との距離を縮める最初のポイントとなるでしょう。

気になる男性の前では笑顔でいることを心がけたり、自分から話しかける機会を増やしたりすると、男性も「感じのいい子だな」と認識するようになります。そうなれれば、自然と会話をする回数も増えていくはずです。

 

■「バランス」を大事にする

自分だけが一方的に話してしまうと、男性から「人の話を聞かない子」と思われてしまう可能性が。特にダラダラと長話をしたり、自慢話ばかりであったり、何度も同じ話をしたりするのはNGです。

だからといって、ずっと聞き役に徹するのも、男性ばかりが話していてアンバランス。“話す”と“聞く”のバランスを取ることが重要になります。やや男性に多めに話してもらい、自分のことも少し話をすることができるとベストでしょう。

 

■ずっと「敬語」では話さない

“敬語”は最初のうちは「礼儀正しい子だな」と思われるかもしれません。ですが、ずっと敬語のままでは堅苦しい感じが消え去りませんし、距離感も縮めることが難しいでしょう。

年上の男性や先輩にタメ口全開で話すのはNGですが、ちょっと敬語を崩したりして、少しずつ壁を取り除いていくと、「自分に心を開いてくれている」と男性もうれしくなるものです。

 

■「いいところ」で切り上げる

好きな男性となら、いつまでもずっと話していたいと思うかもしれません。けれども、そんな気持ちから長引かせてしまうと、次第にダラダラした雰囲気になってしまうかも。

また、男性としても「だいぶ話せたし、しばらくいいかな」と思われてしまう可能性があります。一気にお互いのことを知りすぎると、次に進展しにくくなることもあるでしょう。

会話がそこそこ盛り上がったところで、あえて一旦切り上げるのもひとつの手です。「もう少し話してみたいな」と男性が感じるところで終わると、「早くまた会いたい」という気持ちが大きくなりやすいです。

そしてそれは、男性があなたのことを思い浮かべる時間が増えるということでもありますよ。

 

いつまでも話していたくなるような女性には、男性もどんどん夢中になっていくはずです。“会話”は男女の仲を深めるのに大きな役割を果たすものですので、今回ご紹介したテクニックを知っておくとよいでしょう。

【画像】

※ Bobex-73/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【夫・52歳編】

※ 今すぐしたい…彼の性欲を爆発させるテクニック

※ かわいすぎッ!男性が「デート中」に思わずときめく女性の行動

Recommend
検索窓を閉じる