オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > 音楽 > イケメン×美声♡イタリアのスター「日本人はミンナキレイ!」

イケメン×美声♡イタリアのスター「日本人はミンナキレイ!」

11月27日、『IL VOLO(イル・ヴォーロ)初来日公演記者会見』がイタリア大使館にて開催され、イル・ヴォーロのメンバー、ジャンルカ・ジノーブレさん、ピエロ・バノーレさん、イニャツィオ・ボスケットさんが登場しました。

イル・ヴォーロは、イタリア出身で平均年齢22歳の3人組。深みのある芳醇な歌声と繊細かつ豊かな表現力で、オペラのアリアからポップスの名曲を自由自在に情熱的に歌い上げ、ワールドツアーで25万人を動員し、若き3大テノールとして世界中で話題になっています。


出典:NOSH

会見には駐日イタリア大使も同席。「イル・ヴォーロの来日を迎えられてうれしいです。若手の3人ですが世界中で活躍しています。輝かしいキャリアを持つ3人。イタリアの宝と言っても過言ではありません」と興奮気味に挨拶しました。

会見ではセンターに座っていたイニャツィオさんは、「お互いの声の特徴があるので、それを踏まえて曲の配分を考えています。多くの曲がジャンルカから始まる。一番温かい声だから、そこから盛り上げていくことが多いね」と楽曲の構成について答えます。


出典:NOSH

眼鏡をかけているピエロさん、これからのイル・ヴォーロの展望を聞かれ、「私たちはみな祖父母の影響で、3大テノールのコンサートを見に行ったりして影響を受けていました。しかし、クラシックだけでなく他の音楽、ポップやロックも好きでよく聞きます。自分たちのオリジナリティのあるグループとして精進していきます」とコメント。

「日本人の女性はいかがでしょうか?」という質問には、3人がそれぞれ「ミンナキレイ!アナタキレイ!」と日本語で答え、「皆さん美しいだけでなく、日本の女性はエレガンスがあり、それがとても良い点だと思います」とジャンルカさんが答えます。


出典:NOSH

「日本に来られた感想と、食べたい食事は?」と記者から質問を受けると、イニャツィオさんは、「イタリアでは“日本食=寿司”というイメージ。日本の寿司はアメリカを通して伝わってきたので、アボカドが入っていたり、ソースをつかっていたり、私たちの知っている寿司はアメリカが解釈して作られたものでした。来日して、日本の本来のシンプルな寿司を知って、改めたおいしいと感じました」と主にスシに対して教えてくれた後、「東京、川崎しか訪れる予定はないのですが、それ以外にも、日本はバカンスに来るには素晴らしい国だとわかりました。京都など古い家や歴史がある地域を見てみたいです」とコメント。最後は「まだまだスシを食べたいと思います。オナカスイタ!」と笑顔で話し、寿司が大変気に入っている様子でした。


出典:NOSH

3人の夢を聞かれると「20代前半の男性が、オペラ的な曲を歌うことが特徴。イタリアの音楽を広めていきたいので、グループは続けていきたいです。でも、イタリア人なので先のことは考えません。今を生きていきます」とジョークを交えて話していました。

コンサートの意気込みを聞かれると、「今回のコンサートは“3大テノールに捧げる”というコンセプトを持っています。去年サンタクローチェ広場で行ったコンサートを再現したものになっています。オペラなどクラシカルな曲がメインになっていますが、イタリアのポピュラーソングも入る予定です」と教えてくれました。


出典:NOSH

最後に、訪日に協力してくれたレコード会社やサポートしてくれるスタッフ、テレビ局に感謝を述べ、「幸いなことに今回のコンサートのチケットはソールドアウト。これから先もツアーの機会あって欲しいと思っています」と意気込みました。

そして、その感謝の気持ちを込めた生歌披露! 本物のイル・ヴォーロの歌声にマスコミ陣もメロメロに。


出典:NOSH

『イル・ヴォーロ 初来日記念コンサート Notte Magica~魅惑の夜~』は東京公演(11月29日)・川崎公演(12月1日)ともにソールドアウト。

Recommend
検索窓を閉じる