オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > 恋愛 > 破局よりもビックリ!彼とのケンカが招いた仰天エピソード

破局よりもビックリ!彼とのケンカが招いた仰天エピソード

出典:https://www.shutterstock.com

普段はラブラブだったとしても、時には彼とケンカしてしまうこともあるでしょう。

ケンカ中の雰囲気はイヤなものですが、ケンカをして初めてお互いのことがわかることも多いはず。

今回は、そんな彼とのケンカが招いた仰天エピソードをリサーチしてみました!

 

■彼の性格が丸くなった

「彼が8つ年上だったので、付き合っていてどこか力不足を感じていたというか、一緒にいて釣り合っているのか、ちょっと不安だったんです。あるとき、彼が私の欠点を怒るように触れてきたので、私が諭すように謝ったんですが。以来、彼が不思議と丸くなったように接してくれて。いままで彼が結構言いたい放題の俺様だったので、その変わりようにびっくりでした。」(28歳/サービス)

彼の性格がちょっと困った感じだと、年上ながらに言いづらいこともあり、付き合いに不安を覚えてしまいそうですね。それが、ケンカをきっかけにお互いの考えていることがわかり、付き合いやすくなったのなら、いいきっかけになったと言えそうです。

もし、彼に面と向かって言いづらいことがあれば、LINEで彼への想いを伝えてみては? 彼も、日ごろあなたがそんな風に思ってくれているんだと分かり、「もっといい付き合いができたら……」と、前向きに考えてくれるかもしれません。

 

■彼が思わず男泣き…

「私、体型のことを言われるのがすごくイヤで。元から足が太くて、どうやっても痩せられないんです。彼からは“普通じゃない?”と言われていたんですが、ある時彼がふざけて、私の一番言われたくないひと言をいってきて。途端にカッとなって、彼の気にしている悪口を言いたいだけ言ったら彼が泣き出しちゃったことがありました。」(29歳/会社員)

冗談でも言ってはいけないことって、ありますよね。自分にとってはほんの些細なことでも、相手にとっては許せないこと。逆のパターンもあるのではないでしょうか。

お互いを傷つけるだけの言い合いは、ふたりの関係を悪化させるだけなので、できるだけ避けたいものです。

もしお互いに気にしていることがあれば、きちんと話し合いの場を設けるか、あるいはそれとなく配慮する素振りを見せるか。そうした心配りができると、お互いの存在がより愛おしくなり、さらに仲良くなるきっかけになるかもしれませんね。

 

■取っ組み合いのケンカに

「彼が私の買ったばかりのスカートに、飲みかけの牛乳をこぼしてきたので、ついカッとなって、その牛乳を彼の顔にぶっかけたことがありました。彼も彼でブチ切れて、取っ組み合いのケンカにまでなってしまって……。ただ私のほうが力があるので、結果的に彼が折れる形になりましたが。」(29歳/IT)

ここまで体当たりのケンカができると、むしろすがすがしいかも? 何でも言いたいことが言えるような関係は、それだけ仲が良いともいえます。でも、あんまり些細なことで怒ってばかりいると、ふたりの雰囲気が悪くなりがちに……。

時にはこうしたケンカも必要かもしれませんが、日ごろは相手のことを受け入れて、いかに許し合えるかが大事になってくるでしょう。必要なケンカか、そうではないケンカなのか。冷静に見極められるといいですね。

 

ケンカ別れになってしまう前に、きちんと話し合うこと。もしケンカをしてしまったら、“意味のあるケンカ”にする。ぜひそんな意識を持って、彼と付き合いたいですね。

【画像】

※ Antonio Guillem/shutterstock

【関連記事】

※ 大興奮!アラサー男が経験した「過激すぎる夜」のハナシ

※ エロすぎっ…♡“男性がそそられる”女性の体型

※ いい加減にしろよっ!男が“冬デート中”にイラっとすること

Recommend
検索窓を閉じる