オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 上手に付き合うには?”相手の性格傾向”がわかる手相の見方

上手に付き合うには?”相手の性格傾向”がわかる手相の見方

本来なら人間関係は、性格が合う人と楽しく関わっていきたいもの。しかし、時には関わりたくない相手ともコミュニケーションをとらなければならないことがあるでしょう。そんな時、事前に相手の性格がある程度わかっていれば、無用なトラブルを防げるかもしれません。

出典:NOSH

そこで今回は、“相手の性格傾向”がわかる手相の見方についてご紹介いたします。

 

■1:短い生命線にしっかりした運命線の持ち主…強情で自信家のため敵を作りやすい

生命線が手のひらの真ん中あたりで終わっていて、その近くに運命線がしっかり刻まれている場合は、運命線が生命線をカバーしている手相です。この相の持ち主は、かなり頑固で自信家な性格。めったに自分の意見を曲げることがないので、敵を作りやすいタイプだと言えます。あなたが一歩下がって相手に譲る気持ちでいれば円満にいきますが、譲らなければ衝突は免れないかもしれません。

 

■2:生命線の起点の下に短い横線がある…小心者で感情的になりやすい性格

生命線の起点の下にある“第一火星丘”に短い横線が出ている人は、気が小さく、細かいを気にしがちでこだわりが強いタイプと言えます。神経質な傾向があるので、ささいなことで過敏に反応してしまうことも。特に、自分に対する周囲からの評価に過剰に反応してしまいがちで、思い込みから攻撃してくることもあるかもしれません。いちいち相手の反応を気にせず、おおらかな気持ちで接することで上手くいくでしょう。

 

■3:知能線が二股に分かれ上線が短く、下線が「月丘」へ…言い訳が多く理屈っぽい性格

知能線の先端が二股に分かれていて、上の線は短く、下の線が小指下部の“月丘”に向かって長く伸びているのは、言い訳しがちな性格であることを意味しています。いざトラブルに見舞われると、理屈でその場をしのいで逃げてしまうこともしばしば。約束事や大切な仕事を任せると大変なことになりかねないので、あまり頼りにし過ぎないことがポイントかも。

 

■4:感情線が中指の付け根で終わっている…他人の感情を無視する自己中心的な性格

感情線の先端が人差し指と中指の間に入っていたり、入る手前の手相の持ち主は、人の好き嫌いが激しいことを意味します。しかも、相手のことをよく知る前に、直感的に好き嫌いを判断するた傾向が。好印象な人には尽くす反面、印象が良くない人に対しては口も聞かないほど極端な態度をとるでしょう。自分に甘く人に厳しい性格なので、優しく肯定してあげることが大切です。

 

苦手な相手と関わるのは、ストレスになってしまうかもしれません。しかし、それを避け続けていると、あなた自身が成長する機会を閉ざしてしまうことも。相手の性格のクセを見抜いた上でうまく付き合っていくことができれば、あなたも人間的にレベルアップできるはずでしょう。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる