オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 頑張りすぎていない?手相でわかる“心身の健康状態”

頑張りすぎていない?手相でわかる“心身の健康状態”

自分の“心身状態”は意外と自覚するのがむずかしいもの。日ごろの無理がたたって、急にガクッと体調を持ち崩してしまうこともあるかもしれません。そんな時、自分で自分の心身のバロメーターを理解していれば、事前に予防することもできるはず。

出典:NOSH

そこで今回は、“心身の健康状態を手相で知る方法”をご紹介いたします。

 

■1:生命線の先端に「島」がある…体力・気力が衰え実力を発揮できない

生命線の先端に線で囲まれた“島”があるのは、“やる気はあるのに体力がついてこない状態”を表しています。体力・気力ともに弱っていて思うように力を発揮できないため、悔しい思いをしたりイライラしたりすることが増えてしまうかもしれません。まずは焦らずにリラックスして、体調を整えることを意識しましょう。英気を養うことで、再び頑張る気力が湧いてくるはずです。

 

■2:「健康線」線上に「島」がある…身体のどこかに不調を抱える

手のひら中央から小指に向けて伸びる“健康線”上にある“島”は、呼吸器系や胃腸、肝臓といった内臓系が弱っているサイン。特に島の内側に線が出ていたり、島の形がいびつな場合は、肺やのどなどの調子が悪い予感。健康線と生命線が接する部分に島がある時は、かなり呼吸器系が傷んでいる暗示。いずれにせよ栄養バランスと質の高い睡眠に気をつけた健康的な生活を心がけるようにしましょう。

 

■3:「月丘」の下部に数本の「放縦線」が出ている…心身が衰弱し生活に悪影響が

小指下部の“月丘”のさらに下の方を横切る“放縦線”は、不摂生や過労によって心も身体も疲れきっていることを示しています。さらに、この放縦線が2、3本あった場合、事態はより深刻かも。疲労度が極限にまで達し、心身ともに著しく衰えている状態の可能性が。できるだけすぐに休息を取るようにしましょう。

 

■4:生命線の内側の支線が「金星丘」に向かってカーブ…無自覚の大病の可能性

生命線の内側に向かって出ている支線が、親指下部“金星丘”に向かって大きなカーブを描いているのは、深刻な健康トラブルが潜んでいるサイン。知らないうちに病状が進行してしまっている暗示とも言えます。自覚症状がなくても、何かしら体の不調が起きている可能性があるので、気になる場合は病院で健康診断を受けるなど、早期発見・早期解決を心がけることが大切です。

 

どんなに運気が良くても、健康面で心配があると全力を出すことがむずかしいでしょう。もしも体の不調に気づいたら、心と身体をいたわるように心がけてみては。そうすれば、今よりもさらにあなたの良さを活かせるはずですよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる