オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 上海蟹からキワモノ料理まで!新宿路地裏にある怪しいけどウマい中華料理屋

上海蟹からキワモノ料理まで!新宿路地裏にある怪しいけどウマい中華料理屋

こんにちは。全国のちょっと気になるグルメ情報をお届けするフードライターkazukazuです。

今回ご紹介させていただくお店は、東京都新宿区歌舞伎町に構える中華料理店「上海小吃」さん。

SONY DSC

こちらのお店はJR山手線新宿駅から徒歩10分程の場所にあるのですが、地図がないとなかなかたどり着けないような怪しい路地裏にひっそりと構えています。その上、店前は非常にゴミゴミ、店内は店員さん同士のやかましいほどの中国語が飛び交っており、まるで本場中国を思わせるような異空間スポットなんです。

 

それだけにネタ満載のお店となっています。

というわけで、今回はそんなお店で気になるメニューをいただいてみました。

 

「青島ビール (¥500)」

SONY DSC

中華料理でビールと言えばコレです。

喉越しすっきりで飲みやすいビールですね。

 

「お通し(豆腐の和え物)」

SONY DSC

ピリ辛な味付けでお酒との相性抜群です。

器の端が欠けているのも本場中国らしいですね。

 

「香菜拌干絲(豆腐の細切り) (¥800)」

SONY DSC

おそばみたいな食感のお豆腐。あっさりしていて食べやすいです。

 

 

「上海蟹(雄) (¥1,800×2)」

SONY DSC

雄と雌の2種類があり、今回は雄を選択してみました。

殻をはずしてみると、

SONY DSC

オレンジ色の蟹味噌がぎっしりと詰まっています。

思ったよりも身が少なくちょっと物足りない感じはしますが、あっさりとした蟹味噌が味わえます。

 

 

「酔蟹 (¥時価)」

SONY DSC

強い白酒に漬けて酔わせた上海蟹です。

チューチューと吸い出していただいてみます。

SONY DSC

アルコールがしっかりと染み込んだ蟹身はぷるぷるで甘くておいしいです!

こちらの蟹味噌は濃厚な味わいでお酒にも合いますね。

 

「兔肉 (¥1,500)」

SONY DSC

なんと! ウサギ肉を使用した料理です。

恐る恐るいただいてみます。

SONY DSC

一口かみ締めると同時にあふれ出す肉汁!

ウサギ肉ってジューシーでおいしいんですね!

 

「香辣血(あひるの血固まり) (¥2,000)」

SONY DSC

アヒルの血を固めたゼリーと黄ニラを四川風に煮込んだ料理です。

見た目はレバーのようですね。

SONY DSC

血のゼリー自体は無味ですが、ぷるぷるの食感がクセになります。

四川風の辛めの味付けなのでお酒との相性抜群な一品です。

 

というわけで、日本とは思えない異空間スポット「上海小吃」。今回いただいたお料理はほんの一部でしたが、普段お目にかかれないような刺激的な料理がまだまだたくさんあります。蜂、サソリ、蛙、蛇、雀、豚の脳みそなどなど。

普段の食事に飽き気味のメンバーで集まってワイワイと盛り上がりに訪問してみてはいかがでしょうか。ちなみに初デートでこのお店を訪れるのは絶対やめた方が良いですね!

(kazukazu/フードライター)

 

【お店情報】

店名:上海小吃
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3-10 1F-2F
TEL:03-3232-5909
営業時間:月~土18:00~29:00, 日祝18:00~26:00
定休:無休

Recommend
検索窓を閉じる