オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

彫りの深い顔に、吸い込まれそうに大きな瞳。モデルのマギーさんやローラさんのようなハーフ顔は、永遠の憧れですよね。そんなハーフ顔に近づくには「コケティッシュメイク」がマスト!

「コケティッシュ」とは、「色っぽい」「なまめかしい」という意味のフランス語。色っぽく抜け感のあるコケティッシュメイクは、大人の女性らしさを演出してくれる、この春イチ押しのメイクです。

今回はそんな、コケティッシュメイクの基本をご紹介します!

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

彫りを深く見せるために重要なプロセスといえば、アイメイク。中でもアイシャドウは影を生み出したり、立体感を出したりと、ハーフ顔を作る上で欠かせない最も大切なポイントです。

今回使用したのはこちらのアイシャドウパレット。オレンジ系ブラウンカラーを選ぶことで、色っぽい質感に仕上がります。

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

まずは濃いブラウンのシャドウを下まぶたにのせていきます。こうすることで影を生み出し、彫りの深い顔に見せてくれます。

あまり幅を広げすぎるとクマのように見えてしまうので、やりすぎはNG!

続いて上まぶたのアイホール全体に、オレンジ系ブラウンのシャドウをのせていきます。眉下ギリギリのところまで、大胆に塗っていきましょう。

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

コケティッシュメイクのもうひとつのポイントとなるのは、アイブロウ。

ハーフの方の顔の共通点は、目と眉の幅が狭いということ。つまりハーフ顔に近づくためには、眉メイクで目との距離を近づけてしまえばいいんです♪

方法はとっても簡単。いつも通りに眉毛メイクにプラスして、アイブロウパウダーで眉下を描き足していくだけ。眉の上よりも下が濃くなるように意識して。

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

先ほど眉下ギリギリまで入れたアイシャドウと、アイブロウとのグラデーション効果で自然な彫深アイの完成です!

よりなまめかしく、コケティッシュさを際立たせるため、カラーメイクはなし。チークは塗らずリップもベージュ系にすることによって、色っぽいけどいやらしくない、洗練された印象に仕上がります。

ローラ風ハーフ顔をつくる「コケティッシュメイク」の完全レシピ♡

基本をマスターするだけでも、ずいぶんと印象が変わりますよね。この春は大人の魅力たっぷりの「コケティッシュメイク」で、憧れのハーフ顔に近づいちゃいましょう♪

【関連記事】

※ お仕事後のデートもカンペキ♡華やかアフター5メイクのコツ

※ とろける可愛さ♡「メルティーメイク」で究極ナチュラルフェイスの大変身!

※ 本気で愛される♡デートの時は「彼専用メイク」にお任せ!

※ ピンクを駆使せよ♡可愛さ120%の小動物系メイクのHowTo

※ え、これもダメなの!? 男性がガチでドン引きしている「非モテメイク」3つ

Recommend
検索窓を閉じる