オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > あなたの周りにいる?「結婚してはいけない」同僚男子の特徴4つ

あなたの周りにいる?「結婚してはいけない」同僚男子の特徴4つ

shutterstock_407689711 (1)

出典:shutterstock

同じ職場で働く同僚の男性は、一緒にいる時間も長いですし、結婚相手になる可能性も高い相手でもありますよね?

そのため、普段の仕事ぶりなどを見て、結婚してもいい相手かどうかを、しっかりと見極めておく必要があります。

そこで今回は、“結婚してはいけない”同僚男子の特徴について紹介します。

 

「後輩」に慕われていない

後輩から全く慕われていない男性は、人間的に何か大きな欠陥がある可能性が高いです。

毎日一緒に顔を合わせて仕事をしている人たちから好かれていないというのは、もはやそれが全てを物語っていると言ってもいいでしょう。

後輩の面倒見が悪い男性は、思いやりに欠け、自分のことしか考えていない人が多いです。

それは恋愛においても同じこと。最初は良くても、時間が経つにつれて女性に対する配慮がなくなっていってしまうような男性かもしれません。

 

「責任」を取ろうとしない

仕事をしていて、責任を取らなきゃいけないような場面のとき、それとなく逃げるようなタイプの人は、結婚相手としては1番選んではいけない男性であるといっても間違いありません。

そもそも責任感を全く持ち合わせていない男性でしょうから、付き合ったところで、なかなか結婚も考えてくれない傾向にあるでしょう。

嫌なことや面倒なことから目を背けるような男性とは、一緒にいてもイライラしてしまうだけですよ。

 

「ピンチ」にとても弱い

仕事をしていれば、誰だってミスをしてしまうこともあるでしょうし、緊急事態やピンチに追い込まれてしまうこともあるでしょう。

問題なのは、そのときにどんな態度を取るかということです。

緊急事態にオロオロしているだけで何もできなかったり、自分だけは安全な場に逃げたりするような人であったら、絶対に結婚なんか考えてはいけません。

結婚生活で何か事件が起こっても、全てをあなたになすりつけて、きっと自分だけは逃げ出すような男性ですよ。

 

「偉い人」に媚まくる

偉い人に気に入られやすい男性は、人懐っこさや人の心をつかむ何かがあるのでしょうから悪いことではありません。むしろ、将来的に出世する可能性も高いかもしれません。

ただ、あからさまに偉い人にだけ媚を売りまくったり、相手の肩書きによって態度を豹変させたりするような男性は要注意です。

かなり腹黒いタイプの人なので、結婚をしたらダマされてしまうこともあるかもしれません。

本心が読めないので、一緒にいても安心できない男性でもあるでしょうね。

 

社会人において、職場の同僚の男性は最も身近な男性です。

それだけに、恋愛が生まれやすい相手でもあるでしょうから、付き合う相手として、そして結婚相手としてふさわしい男性であるかどうかは、ちゃんと見極めないと、痛い目に遭ってしまいます。

きちんと将来のことまで考えて、相手を選ぶようにしてくださいね!

【画像】

※  Kuznetcov_Konstantin/shutterstock

【関連記事】

※ きっかけは挨拶!? なんと職場恋愛に落ちる人の割合は42%だった!

※ ポイントは3つ!結婚に向いている同僚男子の見極め方

※ 【女子に聞いた】社会人になってから「出会い」って減った?

※ 社内恋愛をしてみたい相手は「上司」それとも「同僚」!?

※ 男をドキッとさせろ♡オフィスで使えるモテしぐさ3つ

山田 周平
ライター

放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある


Recommend
検索窓を閉じる