オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > 恋愛 > イタイ女になっているかも…!男子が嫌う「勘違い母性」とは

イタイ女になっているかも…!男子が嫌う「勘違い母性」とは

shutterstock_308895668

出典:Artem Furman

男はマザコンかロリコンのどちらか、と言われるように、母性本能がある女性は需要が高いです。男を見て「母性本能がくすぐられる」とよく言う女性もいるし、そんな母性を武器に恋愛市場を生き抜いている方もいますよね。

しかし、中には母性を勘違いして突っ走っているイタイ女性も数多く存在するんだとか……。

そこで今回は、男女の色恋を知り尽くす恋愛カウンセラーの坂本俊さんに、“男が嫌う勘違い母性”を教えていただきました。

 

■1:自分のペースで主導

部屋を片付けたり、スケジュールをしっかり仕切ってあげたりするのは頼もしいことですが、彼のペースを考えずに自分のペースで何でも進めたがるのは間違った母性。

彼にも彼のテンポというものがあり、それを無視して仕切りたがるのはただのワガママに過ぎません。母性を笠に着て自分の欲望を貫き通す女性は、男がうんざりする典型パターン。ちゃんと彼のことを尊重していますか?

 

■2:ガミガミと叱る

彼を褒めてあげる母性は良いのですが、ガミガミと叱る母性はダメ。

「あなたのためを思って言っているのよ」と細かいアラを指摘し、終始ダメ出しを続ける姿は男が最も嫌う鬼ババです。

まずは些細なことでも「すごいね、いい子いい子」と褒めてあげるようにしましょう。こういったお子様扱いは男も好きなもんですよ。

 

■3:振り回されて喜ぶ

彼のために尽くすことが母性と勘違いし、男がやらかした失敗に対し「ここで私の出番」と喜ぶ女性もダメですね。

「ごめん、パチンコでお金すっちゃった……」と言われては、しょうがないなぁとお金を渡す。

「わりぃ、女と浮気しちゃった……」と言われては、最終的に私のもとへ戻ってきてくれるなら許すわという女性。これらは、自分の母性に酔っている真の勘違い女です。

母性というのは非常に便利な言葉ですが、彼のことをすべて許してあげるという意味ではありません。大らかに包み込み、何が起きても彼の味方であることは大事ですが、彼が悪い行いをしたときに自分の出番を喜んでいるようでは本当の母性とは言えません。何でも許してあげることがイイ女ではないのです。

彼の金銭管理が緩いからパチンコで金をするのだし、あなたを本気で大事にしていないから浮気をするのです。一度許すと男もあなたをナメてくるので、本当の間違いが何かを曖昧にしないようにしましょう。

 

間違った母性は、彼にとってもあなたにとっても良いことがありません。

母性という言葉に惑わされず、時にはぶつかり合いながら彼との関係を築いてくださいね。

【取材協力】

※ 坂本俊・・・恋愛カウンセラー。普段はサラリーマンとして働く傍ら、口コミを中心に悩める20~30代の男性に恋愛相談をおこなう。自身の豊富な女性経験に裏打ちされたリアリティのあるアドバイスが人気。

【画像】

※ Artem Furman/shutterstock

【関連記事】

※ なんでそんなコト言うんだよ…オトコが不機嫌になるNGワードTOP3

※ マジ萎えるわ~…エッチ前に「やってはいけない」女子の注意ポイント

※ 非モテ街道まっしぐら!男子を遠ざける「好きアピール」3つ

※ マジないわー!男子が「彼女と一緒にお風呂」に入って幻滅した瞬間

※ ゴールインまっしぐら!男性が「結婚したい!」と思う女性の特徴4つ

宮城 リョーコ

教育系出版社にて編集者を経験したのち、テレビ業界へ。ドキュメンタリー番組に携わり、現在はフリーのTVディレクター、時々ライター。主に大人の夜のワイドショーを担当している。


Recommend
検索窓を閉じる