オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > ダイエット > ボディも家計もスリムに!痩せてお金も貯まる「節約ダイエット」5つ

ボディも家計もスリムに!痩せてお金も貯まる「節約ダイエット」5つ

shutterstock_401032420

出典:shutterstock

「よし、痩せるぞ!」と思ってダイエット使ったお金……今までに結構かかっていませんか?

置き換えダイエットフードやサプリメント、ダイエットグッズなど、気付けばお家に眠っているものもたくさんあるのではないでしょうか?

でも、お金をかけなくったって痩せることは可能なんです。特に、これから結婚費用などお金を貯めたい20代女性は、貯金もしたいですよね。

そこで今回は、節約にもなるダイエット方法をご紹介。ボディも家計もスリム化して、がっちりお金も溜めちゃいましょう♡

 

■食費をスリム化!

毎月決まったお給料から固定費を除くと、節約できる大きな変動費のひとつが食費。20代女性で一人暮らしの食費の平均金額は25,000円で、10日で約8,000円が目安になります。

食費を減らす第一歩は、外食を減らし自炊をすること。ただし、気が向いた時に作るだけではかえって高くついてしまうことも。仕事をしながら毎日料理をすることは大変ですが、週末に作り置きおかずを作るなど工夫をすることで食費を抑える努力をしましょう。

普段使いのお財布とは別に、食費用のお財布を用意すると出費が管理しやすいですよ。

 

■飲み物は水筒持参

ペットボトルは130円、カフェは500円くらいかかっちゃいますよね。毎日何気なく飲み物を買ってしまう人は、月にすると1万円以上かかっているかもしれません。

飲み物は水筒を持っていくようにし、外で買うのをやめるだけでもかなりの節約になります。ついつい買いがちな砂糖入りの缶コーヒーや紅茶は糖分の摂り過ぎにもなりますが、白湯やお茶を入れればダイエットにもなり、美容効果も◎です。

まずはひと月、徹底して飲み物を買うのをやめてみて!

 

■お掃除は雑巾がけでダイエット

雑巾がけって意外と運動になるって知っていましたか? 芸能人の中にも、雑巾がけで産後の体型を戻したという人もいるほど。家の隅々まで雑巾がけをすると、筋トレがわりになりそうですね。なかなか痩せにくい二の腕も、腕をしっかり伸ばして筋肉を使うと効果的です。

色々なお掃除グッズがありますが、雑巾を使えば消耗品も節約できて、お家の中も綺麗になるし、一石三鳥のダイエットです。

 

■歩いて交通費を節約

一駅くらいなら電車に乗らずに徒歩で、バスに乗る距離も自転車を使って、交通費を節約&ダイエットをしましょう。

高いお金を払って、ジムでウォーキングやエアロバイクに乗らなくても、普段の移動で歩いたり漕いだりすればダイエットになります。

有酸素運動はダイエットの基本。姿勢を正して歩いて、脂肪を燃焼し、脚痩せ&ヒップアップも叶えちゃいましょう。

 

■早く寝ると痩せる♡

夜更かしするとついつい小腹が空いて何か口にしたくなるもの。早く寝ることで、夜中の光熱費も抑えられ、身体も家計もダイエットになります。

また、ぐっすり質の良い睡眠をとるだけで、寝ている間に代謝され、1ヶ月で1kg痩せることも可能です。早く寝た分早起きして、お弁当を作ったり一駅歩いてみたりしてはいかがでしょう。

 

我慢したお菓子やジュース代を入れる貯金箱を用意すると励みになりますよ。節約しながらダイエットをして、お金もしっかり溜めちゃいましょう♡

【画像】

※ Kiselev Andrey Valerevich/shutterstock

【関連記事】

※ ズボラさんでも続けられる♡韓国で大流行の「紙コップダイエット」って?

※ ぐっすり寝るだけで1kg減!?「寝ながらダイエット」のポイント4つ

※ 3日間で脱げるカラダ♡週末にできるプチ断食ダイエット

※ 20代女子でもできる!1年で100万円貯金を達成するための秘訣

※ お金の事はお金持ちに聞くのが一番!すぐデキる実践している節約術4つ

 

坂本雅代
国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/エステティシャン

これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。


Recommend
検索窓を閉じる