オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > メイク > 似合わない…を解消!赤リップの「塗り方&選び方」ポイント

似合わない…を解消!赤リップの「塗り方&選び方」ポイント

赤リップといえば、女優さんがつけているといった敷居が高いイメージがありますが、使いこなすことができれば、おしゃれな大人女子の仲間入り♪

赤リップを試してみたいけど、赤リップが似合わない〜! そんなときは選び方、塗り方を工夫してみましょう。

 

■お肌の色によって赤リップをチョイスして

赤リップの中にもピンクやオレンジの入ったもの、ボルドーなど深みのあるものなど、種類は様々です。

どんな色が自分に合うのか判断するときに参考にして欲しいのが自分のお肌の色。

日本人に多い黄色が強いお肌には、肌馴染みのいいピンクやオレンジ系が入った赤リップが合います。

青みやピンクの強いお肌は、赤リップとの相性がいいので全般似合います。ボルドーやワインレッドなど深みのある色がとくにおすすめ。

続いては塗り方のおすすめについてご紹介します。

 

■ティッシュオフ

似合わない…を解消!赤リップの「塗り方&選び方」ポイント

赤リップを塗ったらすぐにティッシュで軽くオフ。ティッシュを唇全体に当て、ふわっとかるく押さえてくださいね。

そうすることでよく馴染み、唇だけが浮いてしまう、なんてことがなくなりおしゃれな仕上がりになります。

 

■綿棒でぼかす

赤リップはつけすぎると印象が強く、浮いてみえてしまいます。これが使いこなせない理由のひとつ。

その解決方法として綿棒でぼかすという方法があります。赤リップを塗ったらアウトラインをぼかします。すると強すぎる印象が緩和されますよ。

普段淡い色のリップに慣れている人も、これで赤リップだって使いこなせる!

 

■ハイライトで立体感

似合わない…を解消!赤リップの「塗り方&選び方」ポイント

パール感のあるベージュ系のアイシャドウをハイライトとして使います。

唇の上の山のふちをなぞるようにオン。すると唇に立体感がでて、仕上がりがぐっとよくなります。赤リップの失敗例にありがちなベッタリとした質感も、このハイライト効果でぷっくりと魅力的な唇になります。

 

■重ねづけ

赤リップを塗ったあとに上からグロスを重ねづけします。

透明のグロス、パールやラメ感のある同系色のグロスなどがおすすめです。塗る位置は唇の中央。唇のぷっくり感が強調されます。

口紅オンリーだと老けてみえる?なんて感じる人は、グロスを重ねてつけることで若々しいフレッシュな印象になりますよ。

 

似合わない…を解消!赤リップの「塗り方&選び方」ポイント

難易度高いんじゃない!? と思っていた赤リップ、自分に似合う使い方ができればメイクがもっとたのしくなりますね♡(友里)

 

【関連記事】

※ 日焼け肌をワントーン明るくする秋の食べ物3選【食べる美容バイブル1】

※ 1ヶ月で脱げるカラダ♡簡単「食べ痩せ」ダイエットのコツ

※ ぐっすり寝るだけで1kg減!?「寝ながらダイエット」のポイント4つ

※ ボディも家計もスリムに!痩せてお金も貯まる「節約ダイエット」5つ

※ ズボラさんでも続けられる♡韓国で大流行の「紙コップダイエット」って?

Recommend
検索窓を閉じる