オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 痩せ習慣が身に付く!エステティシャンが「箸置きダイエット」を伝授

痩せ習慣が身に付く!エステティシャンが「箸置きダイエット」を伝授

痩せ習慣が身に付く!エステティシャンが「箸置きダイエット」を伝授

出典:shutterstock

“痩せる”と話題になると試したくなるのが女心ですが、流行のダイエットって長続きしないのが難点ですよね。

でも簡単に、しかもお金をかけずに今すぐできるとしたら、やってみたいと思いませんか?

そこで今回は、エステティシャンの筆者が“箸置きダイエット”をご紹介。ただ痩せるだけでなく、ダイエットに必要な習慣も身につきます。ダイエットを繰り返している人にもオススメですよ♡

 

■箸置きダイエットの方法は?

箸置きダイエットの方法はとっても簡単。1口食べる毎に箸を置くことで、時間をかけて食事をする方法です。ルールはたったの2点!

(1)一口食べたら箸を置く

(2)30秒以上箸を置き、その間によく噛む

え、たったこれだけで? と思うけど、その効果は絶大なんです。

 

■箸置きダイエットが痩せる理由

・ゆっくり食べることで満腹感が得られる

食事を始めてから脳が満腹になったと感じるまで、20分かかると言われています。早食いは満腹中枢が刺激されないため、ついつい食べ過ぎがちですが、ゆっくり食べることで満足感が得られ、食べる量を減らすこともできます。

また、血糖値の上昇も緩やかになるため、身体に脂肪がつきにくい嬉しい効果も!

・よく噛むことで脂肪燃焼効果がある

よく噛んで食べることで唾液がよく分泌されます。唾液に含まれる消化酵素が糖を分解し、消化機能がUP! また、よく噛むことが刺激となり、脳からホルモンが分泌されるため、脂肪燃焼効果も期待できます。

・顔の筋肉を使うことで小顔効果がある

咀嚼回数が増えると、頬の筋肉もよく動くため、小顔効果もあります。

 

太りやすい人は、食生活だけでなく、食べる早さも関係しています。ゆっくり食べる習慣をつけられる箸置きダイエットは、太りにくい体質になるための練習にもなりそうです。

 

■箸置きダイエットで女子力もUP!

せっかく箸置きダイエットに挑戦するなら、箸マナーの練習も一緒にしてみてはいかがでしょう? いざという時のためにも、お箸の作法も知っておくといいですよ。

・正しい箸の持ち方

(1)右手で箸の中央を持って取り上げる

(2)左手で下から支えながら右手を右にすべらせる

(3)右手を返して右端から3分の1くらいの場所を持つ

右手だけで持ち替えたり、左手で取り上げるのはNG作法。食べている最中に、お皿や器に箸を置くのも実はNGです。

お箸は箸置きに、口をつけた先端が出るように置くのが◎ 「箸先五分、長くて一寸」といって、先端から約3cmまでしか汚さないのが綺麗な食べ方とされています。この食べ方は、箸置きダイエットにもプラスになりそうですね♡

置く時は逆の順番になるので、箸を置く度に正しい箸の持ち方の練習もしてみてくださいね。

 

成功率が高く、痩せ体質になれる箸置きダイエット。正しいマナーも身に着けて、素敵な女性を目指してくださいね。

【画像】

※ Konstantin Kolosov/shutterstock

【関連記事】

※ これなら続けられる!忙しいOLにピッタリなストレスフリーダイエット【PR】

※ ズボラさんでも続けられる♡韓国で大流行の「紙コップダイエット」って?

※ ぐっすり寝るだけで1kg減!?「寝ながらダイエット」のポイント4つ

※ 3日間で脱げるカラダ♡週末にできるプチ断食ダイエット

※ ダイエット中のおやつはコレ!食べると綺麗になる美容フード3選

Recommend
検索窓を閉じる