オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 難なくスタイルキープ!痩せている人が実践している美容習慣4つ

難なくスタイルキープ!痩せている人が実践している美容習慣4つ

難なくスタイルキープ!痩せている人が実践している美容習慣4つ

出典:shutterstock

あなたの周りにも、特別なことをしていないのに体型が変わらないヤセ子っていませんか?

ちょっとでも気を抜くと体重が増えてしまう人も多いのに、スリムな体型を難なくキープしている女子って羨ましい限りですよね。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が、“痩せている人が実践している美容習慣”をご紹介。意外と簡単なことだけど、その効果は絶大なんです。

 

■ゆっくり食べる

スリム女子って食べるのがゆっくりだと思いませんか? 筆者は、元モデルの友人が「牛丼チェーン店に行ってみたい」というので行ったところ、並を食べるのに1時間もかかり困惑したことがあります。

でも、ゆっくり食べるのって太らないコツでもあるんです。食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまで20分かかるといわれ、早食いは満足感が得られないので食べ過ぎてしまう原因に。

早食い傾向がある人は、「箸置きダイエット」でゆっくり食べる習慣をつけるのもオススメですよ。

 

■毎日湯船に浸かる

スリムな人ってお風呂が大好きですが、入浴も痩せ体質を作る秘訣です。

10分浸かればだいたい体温は1℃上がるといわれるのですが、1度上がるだけで基礎代謝は12%UP。

身長や体重、年齢で基礎代謝は違いますが、20代女性の平均基礎代謝量は約1,200kcal! その12%といったら約150kcalで、体温が1度違うだけで、ご飯1杯分もの消費カロリーの差が出ます。

つまり、温かいことは痩せ体質に欠かせない条件なんです。

 

■飲み物はホットが定番

同じ理由で、飲み物は温かいものを選ぶことも痩せ体質に。冷たい飲み物は内臓を冷やすため、血行が悪くなってしまいます。

定番の朝晩の白湯も、美容にいいことずくめなので是非習慣にしたいですね。

また、薬膳では体を温める効果があるものは紅茶、ジャスミン茶、体を冷やすのは烏龍茶、緑茶、プーアル茶、どちらにも属さないのがココア、コーヒーとされています。冷たい飲み物が欲しい時は、温める飲み物を選ぶと中和されますよ。

 

■質の良い睡眠をとっている

“モナリザ症候群”って聞いたことがありますか? 食べていないのに太る症状で、原因は自律神経の乱れなんだとか。一説によると、肥満傾向にある日本人の7割はモナリザ症候群といわれ、夜更かし、不摂生、寝る前のスマホ、ストレスなどが自律神経を乱してしまいます。

質の良い睡眠が取れている人は、交感神経と副交感神経、2つの自律神経のスイッチが上手に切り替わっているということ。

ぐっすり眠るだけで食欲を正常にコントロール、睡眠中の消費カロリーもUPし、1ヶ月に1kg痩せることも可能です。詳しくは「寝ながらダイエット」を読んでくださいね。

 

普段の生活のちょっとの差が、代謝やホルモンに関わって、スリム女子は痩せ体質をキープしています。太らない体質になるためにも真似できることは是非取り入れてくださいね。

【画像】

※  Denis Petrov/shutterstock

【関連記事】

※ 99%が効果を実感!秋こそ始めたいスペシャルダイエット【PR】

※ ぐっすり寝るだけで1kg減!?「寝ながらダイエット」のポイント4つ

※ 食べて楽に痩せる♡アメリカで話題の「低ED食品ダイエット」のコツ3つ

※ カロリーは気にしない!トップモデルも実践する「FNSダイエット」って?

※ ボディも家計もスリムに!痩せてお金も貯まる「節約ダイエット」5つ

坂本雅代
国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/エステティシャン
これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。
Recommend
検索窓を閉じる