オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Life > コラム > 朝から気分爽快♡平日の朝を「ハッピーな気持ちで過ごす」秘訣7選

朝から気分爽快♡平日の朝を「ハッピーな気持ちで過ごす」秘訣7選

朝から気分爽快♡平日の朝を「ハッピーな気持ちで過ごす」秘訣7選

出典:Shutterstock

寒い朝はなかなかお布団から出られなくてだらだらしがち。でも、平日の朝、出勤前の時間を気持ち良く過ごせたら、1日ハッピーに過ごせそうな気がしませんか?

毎朝バタバタで支度をして出勤したり、朝は弱くて……と憂鬱な気持ちでスタートしたりするのは卒業したいですよね。仕事ができる人は総じて早起きだし、美意識の高い人ほど朝は早い傾向があります。

そこで今回は、時間にも気持ちにも余裕を持って、朝から気分爽快で過ごせる秘訣をご紹介します。

 

■夜のSNSチェックをやめる

スマホから発せられるブルーライトは、可視光線の中では最も強い光。夜間に長時間浴びると体内時計が狂うといわれています。そのため、夜になっても脳が覚醒した状態で質の良い睡眠が取れず、朝もすっきり目覚められません。

ぐっすり眠ることは、体の疲れを取るだけでなく、美容やダイエットにも有効です。夜はスマホを手放すことから始めましょう。

 

■部屋を片付けてから寝る

目覚めた時、脱ぎ散らかした服や物が散乱した部屋では、起きた瞬間からストレスを感じるようなもの。整理整頓された部屋で目覚めれば、気分もすっきり爽快です。寝る前にちょっとだけ、片付ける癖をつけましょう。

 

■スヌーズ機能はやめる

あと5分、あと5分……と、目覚ましのスヌーズ機能に頼ってはいませんか? 浅い眠りを5分ずつ伸ばしたところで、すっきり目覚めた記憶はないはずです。

本来起きる時間に合わせてぐっすり寝るようにし、二度寝が心配な人は、眠たくてもまずは布団から出るようにしましょう。

 

■日光を浴びる

日光を浴びることで幸福感を感じるセロトニンが増えます。起床したらまずはカーテンを開けて、日光を浴びながら白湯を飲んでみてはいかがでしょう。

 

■ストレッチをする

寝ている間、寝返りを打っていても体は縮こまっているもの。1分でもいいので体の隅々を伸ばすストレッチをして、脳と体を目覚めさせれば、1日を気持ち良くスタートできるはずです。

 

■朝ご飯を食べる

朝ご飯を食べることで、体が目覚め、午前中を活動的に過ごせます。

また、朝食に高タンパク質を摂るとドーパミンが分泌され、甘い物への欲求を抑制、ドカ食いを抑え、ダイエットに有効という研究結果もあります。食欲がない、という人は、ヨーグルトやバナナなどがオススメです。腸も動いて体がスッキリしますよ。

 

■1日のTo doリストを作る

今日やるべきことを手帳やメモ帳に書き留めることで、1日を有意義に過ごすことができます。特にない、という人は、「誰かに親切にする」「同僚のことを何かひとつ褒めてみる」など、ポジティブなリストがオススメです。

“情けは人の為ならず”という諺は、人に親切をするのは他人の為ではなく、与える人本人の徳となり、実践する人が幸せになれるという意味。朝からポジティブなイメージを持って、1日をハッピーな気持ちで過ごしましょう。

 

いかがでしたか? 平日の朝もすっきり気持ち良く迎えられるように、参考にしてくださいね。

【画像】

※ Vadim Georgiev/Shutterstock

【関連記事】

※ 仕事にも好影響♡働く女子に「朝のコーヒータイム」がイイ理由5つ

※ オフィスのおやつに!仕事中のイライラを解消する食べ物

※ 今が重要!アラサーから始めるべき「夜のスキンケア習慣」とは?

※ ココナッツオイルはもう古い!?ダイエットに効く「中鎖脂肪酸」の摂り方

※ 始める前にチェック!「断食ダイエット」のメリット&デメリット

坂本雅代
国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/エステティシャン
これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。
Recommend
検索窓を閉じる