オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「花ひらく才能」にふれてみては?銀座三越で現代アート展が開催

「花ひらく才能」にふれてみては?銀座三越で現代アート展が開催

アラサー女子なら、そろそろアートにも造詣を深めたいお年ごろですよね。

でも現代アートってなかなかとっつきにくい……なんて、躊躇してしまってはもったいない!

「花ひらく才能」にふれてみては?銀座三越で現代アート展が開催

出典:ValuePress!

『銀座三越』では、若手アーティストの現代アート展「GIFT in BLOOM」の第12回がスタートしました。

若手アーティスト名5名による、油彩画、日本画、水彩画、フレスコ画と様々な技法の絵画作品約100点が銀座三越ギャラリーに集結。展示販売されます。

この、アート展「GIFT in BLOOM(ギフト・イン・ブルーム、“花ひらく才能”の意味)」は、有名美大を卒業し、将来の活躍が期待される若手アーティストを紹介する現代アート展として、2010年に銀座三越で誕生しました。

これまでに紹介したアーティストの中には、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」の小松宏誠氏や、2014年台湾で「新潮賞」を受賞した塚本智也氏など、現代アートの世界で活躍するアーティストも。

「GIFT in BLOOM」は、まさに“花ひらく才能”という展覧会名に相応しい実績をあげているんです!

第12回となる今回は、絵画のアーティスト5名の作品が登場。油彩画、日本画、水彩画、フレスコ画と、異なった技法の作品を楽しむことができますよ。

2008年東京藝術大学大学院修了し、三菱商事アート・ゲート・プログラムに計4回の入選経験をもつ井上茉利子氏。日本画で家、木、花、月などの日常の風景をモチーフに、きらきらと輝く岩絵具や金泥で日本画を描いています。

2010年東京藝術大学卒業、2013年ワンダーシードに入選した中村圭吾氏は、油彩画でのクラシカルな絵画技法を追求。新しいスタイルの動物画・風景画を描いています。

2011年武蔵野美術大学卒業、2013年 第67回二紀展に入選の瑞慶覧かおり氏によるフレスコ画は、生命への愛おしさがテーマ。虹色の発色が美しいフレスコ画が印象的です。

2014年武蔵野美術大学大学院修了、2013年 第31回上野の森美術館大賞展入選の小方ゆりは、幾何学的な風景と柔らかな色彩が魅力的な油彩画を制作。

2015年東京藝術大学を卒業した市原茉子氏は、日々の暮らしのモチーフを図案化。和のテイストを感じさせる水彩画・アクリル画を描いています。

将来が期待される若い才能5名の作品約100点は、どれも個性的で見応えあり。

銀座三越7階ギャラリーで“花開く才能”にふれて、アートな刺激を受けてみてくださいね。20日までの開催なので、お見逃しなく。

【参考】

※ 銀座三越の現代アート展「GIFT in BLOOM Vol.12」を12月14日(水)より開催 – 株式会社ボングゥー

【関連記事】

※ 注目の2ブランドは見逃せない!「大丸東京店」今週の最旬スイーツは…?

※ シェアせずにはいられない♡「金の雪が降り注ぐラウンジ」で最高にフォトジェニックなクリスマスを

※ 梨花がディレクターの「MAISON DE REEFUR」からHOLIDAY COLLECTIONがスタート

※ そろそろ上質な良いものを…「バーバリーカシミアスカーフ」ギフトコレクションが大充実

※ エフォートレスな自分らしさを演出♡「バーバリー メイクアップ」の新色をチェック

Recommend
検索窓を閉じる