オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > 映画 > 年末年始は家族と泣いて笑ってデトックス!ほっこり映画厳選3作品

年末年始は家族と泣いて笑ってデトックス!ほっこり映画厳選3作品

一生懸命頑張った1年の疲れを癒す年末年始、皆さんはどのように過ごしますか? 新しい年を迎えるにあたって、お家でまったり心身ともにリセットするのもいいですよね。

そんな時こそ、普段は忙しくてなかなか顔を揃える事の出来ない家族と同じ時間を共有したいものです。そこに“ほっこり”する映画があれば、なおのこと思い出深い時間となるはず。

それでは年末年始に家族と観てほしい映画3作品をご紹介しましょう。

 

■家族みんなで泣きましょう!映画「トイ・ストーリー3」

年末年始は家族と泣いて笑ってデトックス!ほっこり映画厳選3作品

(C)Disney/Pixar

配信期限:2017年8月31日まで 標準画質:300円

ハリウッドを代表するアニメ制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作にして、最高傑作との声が高い人気シリーズ第3弾。

カウボーイのウッディ、宇宙戦士バズ・ライトイヤーらおなじみのオモチャたちが、人間たちの預かり知らぬところで大冒険を繰り広げる内容が魅力ですが、今作にはそれにプラスする形で“子供時代からの決別”という、誰もが経験する通過儀礼がほろ苦く横たわります。

無垢だった子供時代を懐かしく思い出したり、親世代は自分たちの子供の成長をオーバーラップさせたり……。確実に涙腺を刺激するので、ハンカチは絶対に忘れないでください!

 

■家族愛に涙腺崩壊!映画「インサイド・ヘッド」

年末年始は家族と泣いて笑ってデトックス!ほっこり映画厳選3作品

(C)2015 Disney/Pixar

配信期限:2017年8月13日 標準画質:400円

人間なら誰しもが持つ喜怒哀楽を、可愛らしいキャラクターに擬人化。引っ越し先に馴染めない少女ライリーの頭の中にいる“ヨロコビ”“ムカムカ”“ビビリ”“イカリ”“カナシミ”が、ライリーの幸せのために奮闘する姿を描きます。

この発想豊かな物語を生み出したのは『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』などの傑作アニメ作品でピクサーを支える、ピート・ドクター監督。笑いありハラハラドキドキありの一級エンタメ作品としても楽しめますが、全体を包んでいるのは家族愛。

生まれたばかりのライリーが両親からの精一杯の慈しみを受け、着実に成長していく様子の描写は涙腺テロ。アカデミー賞長編アニメーション賞受賞も納得の名作です。

 

■家族みんなで歌って踊れ!映画「ヘアスプレー」

年末年始は家族と泣いて笑ってデトックス!ほっこり映画厳選3作品

TM&(C)MMV II New Line Productions,Inc.(C)MMV III New Line Home Entertainment,Inc.All Rights Reserved.

キワモノ映画監督ジョン・ウォーターズによる1988年制作のカルト映画を原作にしたトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルを、豪華絢爛にミュージカル映画化。

ハッピーかつキャッチーな楽曲とブロードウェイ仕込みのノリノリダンス、ポジティブなぽっちゃり系ヒロイン・トレイシーの力強さ、そしてハリウッド俳優ジョン・トラヴォルタの特殊メイク駆使の可愛らしい母親姿など、見どころ聴きどころが盛りだくさん。

あの映画『アナと雪の女王』よりも先に“ありのままで”をアピールした前向きなストーリーに、格差恋愛の成就というキュンキュン要素が上手い具合に混ざり合っています。

 

なお上記3作品は、映像配信サービスdTVで好評配信中。なおdTVではこの他にも、約12万作品の映画やドラマなどを配信中ですので、ぜひチェックしてくださいね。

【画像】

※ dTV

【関連記事】

※ 映画マニアの斎藤工がオススメする!究極の恋愛映画♡

※ 映画コメンテーター・LiLiCoが選ぶ、冬のおすすめ映画!

※ イケメンよ火花を散らせ!ファインティング女子に捧げる惚れドキ映画3選

※ 観たら家から逃げ出したくなる…!デンジャラスなホラー映画3作品

※ ムロツヨシに単独インタビュー!映画「疾風ロンド」撮影裏話を語る

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる