オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > 美容 > ぽっこりお腹をスッキリ。「便秘」を解消する食べ物

ぽっこりお腹をスッキリ。「便秘」を解消する食べ物

ぽっこりお腹をスッキリ。「便秘」を解消する食べ物

女性の悩みに多い便秘は、ぽっこりお腹をつくってしまうだけでなく、ダイエットや美肌にも悪影響!

運動不足や自律神経の乱れなど、さまざまな原因が挙げられますが、食生活を見直すことで解消できるかもしれません。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が「便秘を解消する食べ物」をご紹介。お腹をすっきりさせて、内側からキレイになりましょう。

 

■お芋だけじゃダメ!食物繊維はバランスを

便秘にいい食べ物というと、焼き芋や、繊維質が良さそうですよね。

いも類や根菜類などに含まれる“不溶性食物繊維”は、もちろん便秘解消に役立つのですが、実はこれだけでは便が固くなってしまうことがあるんです。

食物繊維には2種類あり、“不溶性食物繊維”と、海藻、きのこ、ネバネバ食材、バナナなどに多く含まれる“水溶性食物繊維”を2:1で摂ることが、理想的なバランスといわれています。

食物繊維をたくさん摂っているつもりなのに、なかなか便秘が改善しない……という人は、バランスが偏っていないか見直してみるといいかもしれません。

 

■ヨーグルトは「ビフィズス菌」入りか注目

腸内に住む善玉菌の中でも、腸内環境を整える力が強い代表的な菌が、有名な“ビフィズス菌”。増やす方法のひとつが、“プロバイオティクス”という、体に有益な生きた菌が使われた発酵乳などの食品を摂る方法です。

それならヨーグルトを食べるとやっぱり便秘にいいんだ!と思うところですが、一般的なヨーグルトはブルガリア菌やサーモフィルス菌から作られていて、ビフィズス菌は入っていないんです。

ヨーグルトは菌株によってさまざまな効果があり、種類も増えています。便秘解消目的なら“おなかの調子を整える”と表示されているトクホのビフィズス菌入りのものを選びましょう。

 

■オリゴ糖で善玉菌を強化

善玉菌のエサになることで間接的に善玉菌を増やすことを“プレバイオティクス”といい、オリゴ糖はこの有用性が認められ、甘味料やシロップ、添加された飲料などにトクホの印がついています。

オリゴ糖は胃や小腸で吸収されにくく、腸の不要なものを吸着して外に排出してくれるため、溜まった宿便を外に出す効果もあり、便秘解消になります。

食材でオリゴ糖を多く含むものには、にんにく、ごぼう、はちみつ、大豆など。

筆者はオリゴ糖シロップを常備していますが、砂糖の代わりに使え、飲み物にちょっと入れるなど、使いやすくておすすめですよ。

 

■ダイエット中もいいオイルは積極的に

ダイエット中は敬遠されがちな油ですが、抜き過ぎると肌がカサカサになったり、便秘になってしまったりすることもあります。

オリーブオイルなどに多く含まれる“オレイン酸”は、腸を刺激して活性化させると考えられ、便秘解消にはプラスになる食材です。

美容・健康効果の高いオイルは、ダイエット中でも抜かずに是非取り入れましょう。

 

寒い時期は水分量の摂取が減って水分不足になることも、便秘がちになる原因のひとつと考えられます。こまめな水分摂取も忘れずに、便秘解消の参考にしてくださいね。

【画像】

※ carlo dapino/shutterstock

【関連記事】

※ 発酵&麹×植物性乳酸菌の力で美腸へ。冬にぴったり「すっきり甘酒」の新フレーバー

※ 完全植物性で腸活にも♡酒粕からできたW発酵アイス【Noshの今ドキッ♡】

※ 腸内フローラで決まる!痩せ体質をつくる食べ物【食べる美容バイブル6】

※ これでスッキリ!セルフでできる便秘解消「腸マッサージ」

※ 美容家が教える!腸内改善で美肌と美ボディをGetする方法♡

Recommend
検索窓を閉じる