オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > 美容 > 美味しく食べて綺麗に♡「女性ホルモン」がドバドバ出るおやつ

美味しく食べて綺麗に♡「女性ホルモン」がドバドバ出るおやつ

肌や髪のツヤ、丸みのあるくびれた女性らしいボディライン。女性の美しさを底上げしてくれる“女性ホルモン”ですが、30歳をピークに減少していくって知っていましたか?

まだまだ女盛りはこれからのアラサー世代。すでに減少が始まっているなんてちょっとショックですよね。

女性ホルモンをアップさせるなら、大豆イソフラボンを思い浮かべる人も多いと思いますが、体内で合成してエストロゲンに似たエクオールを作れる人は、日本人では50%ほどといわれ、食べても効果があるかどうかは人によって違うことがわかっています。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、大豆製品以外で「女性ホルモンがアップするおやつ」をご紹介。美味しく食べて綺麗になりましょう。

 

■最強のおやつ「ナッツ類」

アンチエイジング効果のほかに、ビタミンEにはホルモン分泌をコントロールし、整える働きがあります。化学名は“トコフェノール”といい、“子供を産む”という意味もある、実は性ホルモンに欠かせない栄養素。

手軽におやつで摂るなら、豊富に含まれるナッツ類がおススメです。

ちなみに、東洋医学では“相似の理論”という考え方があり、似ているものを食べるとその臓器の機能がUPするといわれています。種子は精子や卵子をさすことからも、女性ホルモンアップにも有効だと考えられます。

 

■ダイエットだけじゃない「チアシード」

スーパーフードとして注目されたチアシードは、ダイエット食として人気ですが、実は女性ホルモンUPにも効果的なんです。

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸には、女性ホルモンの減少を抑え、ホルモンバランスを整える働きがあり、PMSや生理痛の緩和にも有効だといわれています。

チアシードが入ったヘルシーなお菓子もコンビニで手に入るようになり、手軽に摂れるおやつになっています。

ちなみに黒より白チアシードのほうが、オメガ3脂肪酸のひとつ、αリノレン酸の含有量が高いといわれています。

 

■バストアップにもなる「レーズン」

エストロゲンの分泌を促す、ミネラルの一種であるボロン(ホウ素)も女性ホルモンアップにプラスです。キャベツに含まれていることが広く知られていますが、ボロンは熱に弱いため、生で食べられるものを選ぶと効果的です。

おやつで食べるならレーズンがお手軽。ドライフルーツとして食べたり、レーズン入りのおやつを選んでみてはいかがでしょう。そのほか、りんごや梨、桃などにも含まれています。

 

■代謝を底上げ「バナナチップ」

エストロゲンの代謝に関わりがあり、ホルモンバランスを整える働きがあるのがビタミンB6。まぐろやかつお、納豆などに多く含まれる栄養素です。

また、バナナにも多く含まれており、おやつで食べるならバナナチップがオススメです。ドライフルーツは旨味がギュッと凝縮され、バナナの甘味は満足感も得られます。もちろん、1本そのまま食べるのも◎です。

 

いかがでしたか? 食べてキレイを底上げするための、おやつ選びの参考にしてくださいね。

【画像】

※ Kristina_Po/shutterstock

【関連記事】

※ 排卵期はデートにオススメ♡知っておきたい女性ホルモンと生理の関係

※ 綺麗になれる秘訣♡女性ホルモンがドバドバ出ちゃうコト4つ

※ メリハリボディを作る♡「女性ホルモン」がアップするツボ5つ

※ 男を惹きつける♡女性ホルモンがアップする食べ物4つ

※ セクシーボディには必要不可欠!女性ホルモンUPの秘策3つ

Recommend
検索窓を閉じる