オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 勘弁してくれ…彼女の「アソコのにおい」が気になる時に男がとる行動

勘弁してくれ…彼女の「アソコのにおい」が気になる時に男がとる行動

勘弁してくれ…彼女の「アソコのにおい」が気になる時に男がとる行動

アソコのにおい……大丈夫ですか?

自分では分かりづらいアソコのにおいは、たとえ臭くても、「臭い」と直接言えないのが男心。

でも、アソコのにおいがキツイ女性には、男は顕著にその嫌っぷりが表れるものなのです。

今回は、アソコのにおいがちょっと気になる女性へ、彼女のにおいが気になる時に男がとる様々な行動をピックアップ。彼氏がこんな行動していたら、あなたのアソコ……臭うのかもしれませんよ。

 

■奉仕してくれない

女性のアソコのにおいがキツイ時、男は奉仕をしてくれません。

においのレベルにもよりますが、今まで男性に一度もアソコを奉仕してもらったことがない女性は、自分では気付かなくても、アソコのにおいがキツイことを疑った方がいいかもしれませんね。

多少のにおいは、ほぼ誰でもありますが、中にはドギツイ生ごみのようなにおいを発する女性もいます。

奉仕をしてくれないのには理由があるから!

奉仕をされない女性は、自分のにおいをチェックした方がいいですよ

 

■エッチの頻度が減る

アソコのにおいがキツイと、奉仕はおろかエッチの頻度さえも減ってしまうことがあります。

においとは、何とも我慢し難く、防御不能の嗅覚を刺激します。

どうあがいてもエッチになれば、においを嗅がない訳にはいかないのです。

許容範囲内のにおいであれば、エッチの頻度は徐々に減るぐらいでしょうが、あまりにもにおいがキツイと、エッチの頻度は急激に減ってしまうかもしれません。

「最近求めてくれない」と感じていれば、マンネリでセックスレスになっている訳ではなく、においが原因でエッチの頻度が減少しているのかもしれませんよ。

 

■お風呂でエッチしたがる

大好きな彼女ですから、アソコのにおいがキツクてもそのにおいさえも愛そうと努力をしてくれるでしょう。

でも、どうしてもにおいは好きになれない……そんな時に男が取る行動と言えば、お風呂でエッチをしたがるという行動です。

においの元を無くすことはできませんが、少しは緩和されるため、お風呂でのエッチはにおい対策に繋がるのです。

ただ、においは洗って取れるものではありません。分泌液が原因なので、エッチをしている限りにおいは続きます。

お風呂エッチをしても、においの元凶が断たれることはありません。でも、彼女には「臭い」と言えないため、お風呂でエッチをするしかないと考えるのです。

お風呂エッチを求められる機会が多い女性は、お風呂エッチが好きという理由ではなく、においが原因で求められているのかもしれませんよ。

■ゴムを付けたがる

ゴムを付けたくない派の男も世の中にはいますよね。

それが良いか悪いかは別として、たとえゴム付けが好きではない男であっても、彼女のにおいがキツイ場合、自ら進んでゴムを付けてエッチをしたがるのです。

これもにおいのレベルにもよりますが、あまりにも激臭がする場合、知識も乏しいために性感染症の恐怖を感じてしまいます。

その為、避妊目的もあるでしょうが、どちらかと言えば、感染予防の為(性感染症であるないに関わらず)に、ゴムを付けたがるのです。

ゴムを付ける派、付けない派を見分けるのは難しいでしょうが、急に付けるようになるなど、前もって聞いていた話と違い、付けるのを拒まずに進んでゴムを付けるようなら、アソコのにおいが原因かもしれませんね。

 

今まで、アソコを奉仕してもらったことのない女性や、奉仕をされてもすぐに終わってしまっていた女性は、その原因は“におい”にあるからかもしれませんよ。

自分では分かりづらいにおいですが、彼氏に聞いても正直には答えてくれないでしょう。

「もし……」と思い当たるところがある方は、今一度、自分のにおいをチェックしてみた方がいいかもしれませんね。

もしかすると……とんでもない“におい”かもしれませんよ。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

※ ソレ、勘違いかも…男が「本気度が低い女性」にとる意外な行動

※ 喜ばれたい!男が「エッチ上達」のためにコッソリにしていること

※ これってもしかして…男が彼女の「浮気」を疑う瞬間

※ 脈なし確定?男が興味のない女子に送る「社交辞令LINE」

※ 猫のように気まぐれ!男がコロッと落ちる「魔性の女」の特徴

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる