オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > ヘア > クセ毛女子もトレンドヘアを諦めない!「髪質メンテ」やってみよう

クセ毛女子もトレンドヘアを諦めない!「髪質メンテ」やってみよう

昨年2016年は、化粧水の前に顔につける美容液が人気を集めたように、肌や体の表面からアプローチするだけではなく、“土台から底上げして美しくなる、土台美容”という考え方が一大トレンドとなりました。

この“土台美容”の発想は、現在ヘアケアにおいても注目されつつあります。近年、ヘアサロンでは“髪の外側をコーティングする”従来のトリートメントとは異なり、開いたキューティクルから栄養分をしみこませ“髪内部を補修する”ヘアエステメニューを提供するサロンが増加中。

また、“髪質改善”を謳った美容家電のヒットも記憶に新しく、髪を外側から扱いやすいよう作り上げるのではなく、髪質そのものを底上げするという新しい考え方が、生まれつきのクセ毛に悩む女性から熱い視線を浴びているのです。

そこで今回、“女性”をテーマにした調査分析やトレンド発信などをおこなう『ウーメディア ラボ』では、“髪質メンテナンス”に関する意識・実態調査をおこないました。

 

■クセ毛女子がチャレンジを諦めてしまうトレンドヘアは?

クセ毛女子もトレンドヘアを諦めない!「髪質メンテ」やってみよう
出典:ウーメディアラボ

春のトレンドヘアに切り替える女性も多くなるこれからのシーズン、特に今年は“重めバング”や“ストレートショート”、“ぱっつん前髪”など比較的髪質が素直な女性がマネしやすいヘアスタイルが流行の兆しを見せており、クセ毛女子たちのヘアスタイル悩みはさらに深くなりそうです。

そこで実際に2017年春のトレンドヘアをリストアップし、その中で“チャレンジできなそうだと思うもの”があるかきくと、実に85%が「ある」と回答。

 

■クセ毛女子の髪質悩み対策は「髪質メイク」が主流の現状

クセ毛女子もトレンドヘアを諦めない!「髪質メンテ」やってみよう
出典:ウーメディアラボ

次に、そんな悩めるクセ毛女子たちの髪質悩み対策をききました。

主に、スタイリングツールやスタイリング剤などの髪の外側からケアする“髪質メイク”アイテムを中心に使用していることがわかります。

スタイリング剤などの購入代、ヘアサロンでのトリートメント代など“髪質メイク”にかかる年間投資金額についてきくと、50,000円以上と答えた人も12%と少なからずいる模様。

悩みのない女性と比較して、髪質悩みのある女性は出費をしつつも毎日悪戦苦闘しているようです。

 

■71%が「髪質メイク」より「髪質メンテ」希望! 「選べる髪型が増える」喜びも

クセ毛女子もトレンドヘアを諦めない!「髪質メンテ」やってみよう
出典:ウーメディアラボ

最後に、そんな悩ましい髪質を土台から変える、“髪質メンテ”についてききました。すると、髪質メンテを行ってみたいと思う人は77%と約8割。

スタイリング技術を駆使する髪質メイクよりも気になる女性も多いようで、「スタイリングより『髪質メンテ』で髪を変えたい」と回答した人は71%におよびます。髪質メンテにより、「選べる髪型が増えると思う」人も約7割を占め、

「さらさらストレートロングヘアになりたい」(30歳)

「もしくせ毛が解消したらふんわりボブに挑戦したい!」(27歳)

など、ヘアスタイルに関する夢もきかれる結果に。

 

1回1回仕上げの手間がかかる“髪質メイク”にかわって、“髪質メンテ”がクセ毛女子たちの希望の星になるかもしれません。

【参考】

※ ウーメディアラボ

※ 調査概要

・調査名:“髪質悩み”に関する調査

・調査期間:2017年3月17日(金)~21日(火)

・調査対象:髪質悩みを持つ20~30代の女性500名(年代別均等割付)

・調査方法:インターネット調査

Recommend
検索窓を閉じる